経絡ストレッチヨガの普及に従事。ストレッチヨガインストラクター 心菜(シンツァイ)さんの輝く先輩インタビュー

心菜(シンツァイ)さんの経歴紹介

兵庫県神戸生まれ神戸育ち。神戸学院大学栄養学部へ進学。三年次にイギリスのアルスター大学へ交換留学。帰国して大学卒業後、静岡県立大学の大学院修士課程へ進学し、研究をする。卒業後東京の病院へ勤務し、栄養指導、入院患者の栄養管理、NST、献立作成などに従事。日々生活習慣病の患者と接する中で予防医療、食育の必要性を痛感。病気になる前に食事で予防する、食事を変えることで日々の生活をより豊かに過ごせる人を増やしたいと思い、2013年にフリーランスとして独立。2018年10月には法人化。活動内容は日本の伝統食の良さを伝える一方ファスティングも伝えており、「食べる」と「食べない」の両方を伝える栄養士として、食事相談、レシピ提案、セミナーやワークショップの講師、TVや雑誌などのメディア出演、出版など多岐にわたる。フリーランスとして活動したい栄養士向けの「フリーランス栄養士起業塾」を主宰している。

保有資格

  • ストレッチヨガインストラクター
  • キッズヨガインストラクター
  • ママヨガインストラクター

Webメディア

ホームページ

心菜(シンツァイ)さんの輝く先輩インタビュー

――その資格を取ったきっかけはなんですか?

息子が 2 才の時になったイヤイヤ期でした。仕事で疲れて帰ってきて、夕飯の支度をしている途中で泣く。夕飯を食べては泣く。お風呂に入ればまた泣く…そんな日々が続きました。
ある日保育園に迎えてに行くと、先生にせかされたのが嫌で息子は怒り、廊下に座りこんで動かないんです。30 分待っても全然ダメで、とうとう人目も憚らず、私、大爆発しちゃったんです。
先生が 3 人も飛んできて…で、翌日『男の子のしつけの本』を買おうと思って本屋に行ったんですが、私が買ったのは『呼吸法の本』だったんです。

試したその晩、息子を出産して以来、初めて朝までぐっすり眠れたんです。
2 年ぶりでした…他にも、女優時代の時からずっと悩んでいた腰痛(坐骨神経痛)や生理不順もよくなって、それからご縁があり今の『経絡ストレッチヨガ』に出会い、イライラや不安な気持ち、心のストレスを簡単に流せるようになりました。
柔軟性を必要とするヨガのポーズに重視するのではなく、中医学理論的をベースに、心身の状態をよくして呼吸を調え内蔵機能アップをしていくスタイルを、沢山の方にお役立て頂きたいと思い資格をとりました。

――その資格を取るうえで大変だったことはなんですか?

中医学の知識も、ストレッチやヨガの基礎もなかった事です。全くのゼロからのスタートでした。
先生は大阪を拠点に活躍されていたので、東京でのレッスンはたったの月 1でした。順番を覚えるどころか何に効いているのかもわからずに、先輩のレッスンに遠くまで通ったり、すでにヨガインストラクターとして活躍していた同期と勉強会をして、頭と体で覚えるしかありませんでした。
今年、今所属する研究会の最後の試験を受けたんですが、インストラクターなのに実技のテストがなく、筆記のみで、とにかく漢字を覚えるのに必死でした。
先輩が「大学受験並み」とおっしゃっていましたが…朝起きてはミニテスト。お昼休憩にミニテスト。夜寝る前にまたミニテスト。軽い腱鞘炎になりました(笑)

――その資格を取って良かったですか?その理由はなぜですか?

はい、良かったです!

中医学は日本にも元々あった医学で、その名残が『おばちゃんの知恵袋』です。言わば『自然療法』ですね。知識があれば、病気になっても慌てる必要もなく、必要以上に病院に行ったり薬に頼らずにすみます。

私はインストラクターの前に、妻であり母ですので、その知識は家族の健康管理にも十分役立ちます。息子が生まれた時に私は 36 才、主人は 44 才でした。
もしかしたら孫の顔はもちろんパートナーの顔を見ることも、息子を託す事も出来ないかもしれません。息子が一人になってもその知識をすぐに思い出し、役立ててくれればと思っています。
レッスンでは、正座や胡座ができなかったお客様が何度かのレッスンに通って出来るようになったり、術後の後遺症で腕が上がらなかった方が上がるようになったと喜んでくれる姿を見られるのが何よりの喜びです。

――最後に、これからこの資格を取ろうか悩んでいる人にメッセージをお願いします。

実は私の所属する研究会の仲間には、インストラクターを目指さない普通の主婦の方もいらっしゃるんです。
家族の健康管理はもちろん、自分自身にとっても簡単にできるセルフケアですので。
しかし中医学は『経験の医学』で、学びを続ける事でしか深める方法はないと思っています。

ですが、ツボ押し一つでもその効果は絶大で、私自身も体や心のちょっとした違和感を感じたらすぐに調整するので、この仕事についてからは大きな怪我もなく、マッサージや病院には殆ど行っていません。
ストレッチヨガですが、肩こり腰痛にとどまらず、内科系のお悩みも解決していけるのが他のストレッチやヨガと大きく違う所です。
全ての夢は『健康な体と心』が土台です。自分自身のためにも、また誰かを応援するためにも、大きく役立つ資格です。

関連インタビュー

  1. 発達障害の育児を支援。小学校教諭免許を活かす鈴木あづみさんの輝く先輩インタビュー

  2. アスリートの明日と夢を叶える!管理栄養士の佐藤樹里さんの輝く先輩インタビュー

  3. 子どもや子育てに優しい社会をつくりたい。保育士・菊地奈津美さんの輝く先輩インタビュー

  4. 「食行動改善カルテ」を考案。管理栄養士 豊永彩子さんの輝く先輩インタビュー

  5. 日本抗加齢医学会認定指導士、国際ウエルネス・アンチエイジングコンサルタント 平田恵子さんの輝く先輩インタビュー

  6. 「食べる」と「食べない」を伝える。管理栄養士の圓尾和紀さんの輝く先輩インタビュー