会計・経理部門

日本資格大賞とは、資格保有者が「持ってて良かった」を選ぶ、投票型の資格表彰イベントです。資格を保有する15歳~74歳の男女・全国2,055人の資格保有者から寄せられた資格への評価を集計し、部門別にご紹介しています。編集部スタッフ一同、社会から 少しでも”資格選びの失敗”が減って、”資格を活かして輝く人” が増えることを願っています。

【業界別部門】 事務職簿記会計・経理保育介護医療福祉心理コーチングカウンセラーセラピストネイルアロママッサージ建築SEパソコンIT経営不動産法律金融

【保有者別部門】 主婦女性男性10代20代30代40代50代60代

結果発表

 

4.71
14人が投票

(実務能力開発支援協会)
「給与計算業務に自信を持って取り組めるようになったことや、給与明細の質問などに的確に答えられるようになったので、時間を作って勉強して上の級を取得したいと思っています。」女性50歳
「大変良かったです。自分なりに一定の水準を確保できているという自信が社労士としての仕事である給与計算事務の受託につながっていると認識してます、」男性67歳
「給与計算に関する手続きや、従業員からの質問に答えることができるようになりました。自分の給与計算の能力の客観的な指標として、他部署や経営陣にもアピールできるようになりました。」男性35歳


4.50
2人が投票

(東京商工会議所)
「会社の人事課がこういった類の試験が好きな場合が多いので取得しておくと、得することがいろいろとあるかもしれません。」男性41歳
「数字に携わる人にとって(営業職や役員も含む)理解を深める知識が、身につく有効な資格だと思うからです。テキストを読むだけでも有効かとは思いますが、やはり合格しなきゃという強い思いと追い込みが、その人の力になるように思うので、やはり受験をお勧めしたいと思います。」女性51歳


4.37
38人が投票

(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会)
「特に銀行・証券の勉強は経済の根本が学べたので、後の株式投資を始めた時の経済ニュースの内容がすんなり理解でき非常に役に立ちました。」女性48歳
「想定通り、仕事に就けましたし、実生活でも役に立つ上、親兄弟など家族にも感謝されることもあり、取ってよかったと思います。」男性40歳
「お金についての知識は家計にも生かせるし、日常生活にも大いに活用できるのでとてもよかったと思います。この資格を使って仕事をしているわけではありませんが、保険のことも詳しくなり、勧誘にも動じなくなりました。」女性43歳


4.14
77人が投票

(日本商工会議所)


4.04
25人が投票

(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会)


4.02
63人が投票

(日本商工会議所)


4.00
4人が投票

(東京商工会議所)


4.00
2人が投票

(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会)


4.00
2人が投票

(日本経済新聞社)


4.00
4人が投票

(日本証券業協会)


4.00
2人が投票

(日本証券業協会)


4.00
3人が投票

(日本貸金業協会)


4.00
2人が投票

(建設業振興基金)


4.00
2人が投票

(建設業振興基金)


4.00
4人が投票

(全国商業高等学校協会)


4.00
2人が投票

(全国商業高等学校協会)


3.81
42人が投票

(不動産適正取引推進機構)


3.50
2人が投票

(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会)


3.33
3人が投票

(日本商工会議所)