福祉部門

日本資格大賞とは、資格保有者が「持ってて良かった」を選ぶ、投票型の資格表彰イベントです。資格を保有する15歳~74歳の男女・全国2,055人の資格保有者から寄せられた資格への評価を集計し、部門別にご紹介しています。編集部スタッフ一同、社会から 少しでも”資格選びの失敗”が減って、”資格を活かして輝く人” が増えることを願っています。

【業界別部門】 事務職簿記会計・経理保育介護医療福祉心理コーチングカウンセラーセラピストネイルアロママッサージ建築SEパソコンIT経営不動産法律金融

【保有者別部門】 主婦女性男性10代20代30代40代50代60代

結果発表

 

4.33
3人が投票

(厚生労働省)
「ボランティアを行う上での技能が身に付きます。また、就職や家族の介護にも利用ができて、非常に役に立つ資格だと思います。」男性35歳
「その後の就職に非常に役に立った。グループホーム、特別養護老人ホーム、ホームヘルパー、病院での看護助手、と、どこを受けてもすぐに採用になった。確かに仕事はきついが、いざというときのために持っていて損はない資格だとと思う。」女性42歳
「介護の仕事はしていませんが、関連する仕事をしていた時に知識として役に立ったことが多くありましたので、資格を取得して良かったと思います。」女性39歳


4.11
9人が投票

(社会福祉振興・試験センター)
「結婚や子どもが生まれ、ライフスタイルが変わっても国家資格を持っているため、同じ仕事で働き続けることができています。」女性41歳
「社会福祉士は福祉の資格としても最上級の資格です。そのため、福祉で働く場合あると必ず評価されます。就職にも有利になりますし、社会福祉士に合わせて行政書士や他の資格も取ると仕事の幅が広がるので、取って損がない資格だからです。」男性29歳
「資格取得が容易ではないだけに、やはり取得したことで自信がもてますし、クライアントさんからも信頼されます。」女性36歳


4.06
36人が投票

(全国保育士養成協議会)
「10年以上前に取った資格だが、今、世間で保育士の重要性が叫ばれていて随分待遇も良くなったし、まだまだ良くなると思うので。保育の仕事自体も、すごくやりがいがあって楽しい。」女性42歳
「資格取得後に会社で評価されたことや、また実際に自身の妊娠出産があり、保育士の勉強内容が役に立ったから。」女性36歳
「仕事を離れ転職をしたのですが、やはり保育職に戻りたいと思い、就活を始めました。資格有の保育職の求人はたくさんあり、すぐに内定を頂くことができたからです。」女性24歳


4.00
3人が投票

(東京商工会議所)


3.68
28人が投票

(社会福祉振興・試験センター)


3.67
3人が投票

(日本ケアフィット共育機構)


3.60
5人が投票

(厚生労働省)


3.50
4人が投票

(技能認定振興協会)


3.50
6人が投票

(厚生労働省)


3.33
6人が投票

(社会福祉振興・試験センター)