インテリアコーディネーター

インテリア産業協会

合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
3.75  
 4 件のクチコミ
女性/24歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
建築事務所に勤めていて、仕事柄専門知識を身につけていくと便利だと思ったためです。また、インテリアにもともと興味があったためにスキルアップと趣味もかねて取得しようと思いました。

▼大変だったことは?
この資格は覚える量が膨大にあり、特に通学などでなく独学を選んだ場合はしっかりとした計画性を持って勉強していかないと難しいです。また一次が受かれば実技の二次があり、未経験からだと図面を書く筆記用具の使い方から苦戦して、コツをつかむのに時間がかかります。図面を書くのはかなりの体力と集中力を必要とするので、練習を重ねるのにも根気が必要でした。

▼取ってよかったですか?
はい。インテリアコーディネーターは資格がなくてもできる仕事で経験第一ですので、資格はあくまでも証明にすぎないのですが、簡単にとれる資格ではないので、建築やインテリア業界での就職にはアピールになりました。また、知識が深まったことにより、自分の仕事の幅も広がりました。私生活においても使える知識がおおいので、生活を充実させる点でも勉強して良かったと思います。

女性/25歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
某インテリアショールームで勤務しているため、接客の幅が広がればいいなと思いコーディネーターの資格を取得しました。

▼大変だったことは?
働きながらだったため、勉強時間が思うように取れず苦労しました。1次はその年に合格しましたが2次は次の年に合格しました。

▼取ってよかったですか?
はい。お客様へご提案する幅が広がりました。また、資格を持っていると会社から手当が出るので、お給料も上がりました。

女性/26歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
専門学校在学時、ちょうどそのような講義があり、興味本位で受講してみたら意外と簡単そうだったからです。インテリア方面への就職も考えていたのもあります。

▼大変だったことは?
講義もありましたし、わからないことがあれば先生に質問することもできたので、割と早く理解を深めることができたので、大変ではなかったです。

▼取ってよかったですか?
はい。インテリア方面へは就職しませんでしたが、建築設計事務所に就職したので、知識を持っているだけでなく資格を取得していることによって、クライアントからの信頼は得られたと思います。

女性/48歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
2級建築士を取得してから仕事にブランクが空きました。試験内容が2級建築士の7割くらいの内容であると聞き、復習がてら取得しました。

▼大変だったことは?
論文の勉強が難しかったです。例題と模範解答を読むだけではイメージがつかみにくかったです。製図も家具を書かないといけないのが難しかったです。

▼取ってよかったですか?
いいえ。2級建築士の勉強の復習にはなりました。インテリアの知識も少しは増えましたが、資格取得しているだけではインテリアの仕事に就くことはできませんでした。更新料がかかるのも負担でした。

関連する資格

  1. 漢検2級

  2. 運行管理者試験(貨物)

  3. 危険物取扱者乙種第6類

  4. 販売士1級

  5. 整理収納アドバイザー1級

  6. ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 10g

Amazonギフト券が当たるキャンペーン

#日本資格大賞

#私を変えた資格

公式Twitter

色々な資格の先輩合格者のクチコミをつぶやいています。 フォローはこちら↓