二級自動車整備士

国土交通省

合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
4.00  
 2 件のクチコミ
男性/67歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
とにかく資格できるだけたくさん、持ちたかったから、とりあえず私が一番最初に取得した資格です。が派生時代に取得したものもあります。

▼大変だったことは?
別に大変なことはありませんでした。ただ複数の資格を取るために、試験日が重なった場合かなりこまりました。

▼取ってよかったですか?
はい。仕事するにあたって、資格無では、全く自動車メーカーのプライドに傷が付きます。仕事関係の資格は全部取得しました。

男性/24歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
自動車整備の仕事に就きたくこの資格を取得しました。資格自体は3級から1級まであり、分解整備などの作業は2級からでないとできないと知り自動車専門学校に二年通い資格を取得しました。

▼大変だったことは?
資格には決められた座学の時間と実務(実習での車を使用した整備)の年数などがり、同時に進行しつつ2年後の国家二級自動車整備士の試験の勉強をするのが大変でした。単位などはありませんが、実習のテストなどで不合格になると資格条件を満たしていないと判断されるため一つも不合格になれないなどのプレッシャーなどもあります。

▼取ってよかったですか?
はい。今現在も自動車関連の仕事をさせて頂いています。学生の時から整備関連の仕事をしたいと思っていましたので、その夢が叶ったという意味では良かったと思っています。

関連する資格

  1. 行政書士

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    3.54  
     13 件のクチコミ
    男性/48歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    妻が調子が悪くなり家から長距離の通勤ができなくなった。会社を辞めて家の近くまたは独立して仕事ができるようにならなければいけないと思った。

    ▼大変だったことは?
    覚える分野がいろいろ広いこと。日頃なじみのない法律的な知識がいること。ひたすら過去問などを勉強した。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。やはり国家資格なので一度とれば永久に使える。万が一会社を辞める時のことを考えたら士業という独占業務の資格があるのはこころ強い。

    女性/36歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    自分の力で仕事がしたかったからです。行政書士であれば、自分で開業して仕事ができるし、自分のペースで仕事ができると思ったからです。

    ▼大変だったことは?
    仕事をしながら勉強することが大変でした。幸い、定時で終わる仕事だったのと、夫がとてつもなく協力的で家事を担ってくれて、模試の点数が悪くて落ち込んだ時も励ましてくれたので、乗り越えることができました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。正直、行政書士になってからも多大な努力が必要で、これから行政書士として食べていけるか未知数なので、手放しに良かった!とも言えない状況なのですが、資格取得については良かったと思います。選択肢が増えるに越したことはないです。勉強して資格を手に入れたことで、自信もつきました。

    男性/35歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    副業として小額で自宅開業できるような資格を探していたおり、複数の資格の参考書を試した結果、一番しっくりきたので決めました。

    ▼大変だったことは?
    踏み込んだ法律知識はあまり要求されませんが、とにかく試験範囲が広かったことに少し苦戦しました。過去問を繰り返して、よく問われている内容に絞って勉強しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。まだ開業はしていないので本来のメリットは享受していませんが、日常生活や役所への書類の提出の際に役にたっております。

    女性/49歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    私は法律事務所の事務員でしたが、事務所で大規模な人員削減が行われることになり、首になった場合、資格でもあれば、少しは転職に有利になるのではないかと思い、取得を決心しました。

    ▼大変だったことは?
    勉強時間の確保に苦労しました。人員削減の候補だったので、有給休暇を取りやすかったので、定期的に有給休暇をとって勉強しました。また、法律事務所なので、法律の本を開いていても違和感がなく、就業時間中でも、気になったことをチェックすることができました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。結局、私は首になることはありませんでしたが、資格を取ったことで、大きな自信を持つことができました。私は契約社員なのですが、正社員の人に堂々と物を言えるようになりました。また、自分の仕事と、資格をとるために勉強した内容がリンクするので、仕事が楽しくなりました。

    男性/36歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    私が勤めていた、会社には、500時間も労働時間があり、残業代は1円も支払われなかったのでおかしいと思い法律の勉強を始めたのがきっかけです。

    ▼大変だったことは?
    私は法律には全くの無知であり、更に働きながら、空いた時間で勉強するしかなかったので、出向先の上司に断りを入れて勉強しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。行政書士の資格を取得したことで、自分の自身が出来、また、司法書士、社会保険労務士などの資格を取りたい欲が出てきたので。

  2. 学芸員資格

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    3.86  
     7 件のクチコミ
    女性/25歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    大学では教育学部に通っていましたが、教員免許は更新制となったため、一生ものの資格とは言えなくなってしまったからです。それに代わる資格を取得したいと思いました。

    ▼大変だったことは?
    教員免許を取るための勉強や実習に加え、博物館学芸員課程という別の勉強や実習も必要だったので、両方を取得しようとすると、夏休みも返上して学校に通うこととなり、忙しかったです。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。教員を辞めてしまった今となっては、教員免許を更新しようか迷っていますが、もし更新しなかったとしても、自分に専門性があることはアピールできると思うからです。

    女性/50歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    司書資格と共に取れるコースだったため、将来何かの役に立つかもしれない程度の軽い気持ちで取得しました。

    ▼大変だったことは?
    特別大変なことはありませんでした。司書資格取得が主な目標だったのでそちらの勉強が大変だったと記憶しています。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。仕事に反映させる機会は結局なかったのですが、美術館や博物館を訪れる度に学芸員さんの隠れた努力を読み取ることができ、2倍楽しめるからです。

    女性/46歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    音楽大学に在学中、音楽学部の生徒も美術学部で単位を取って学芸員資格が取得できると聞いて、取りたい!と思い取りました。

    ▼大変だったことは?
    畑違いの勉強を一からしなければならなかったことと、美術学部まで少し遠かったので通うのが大変でした。でも、仲の良い友達も一緒に通っていたので、励みになり最後まで通えました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。上京して転職する際、資格があったのですんなり採用されました。前職やアルバイトも学芸員とは関係のない仕事でしたが、学芸員の資格があるということで即採用されました。派遣でしたが、公共施設で約3年間働かせていただき、大変勉強になりました。機会があれば、もっと専門的に勉強して、この資格を活かした仕事をしたいと思います。

    女性/32歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    もともと美術館、博物館が好きだったのでそれに関する知識を得たいと思ったため。また、今後転職などを考える際にも資格があれば役に立つかと思ったから。

    ▼大変だったことは?
    仕事をしながら、期日までに課題レポートを作るのが大変でした。レポートのために実際に美術館へ足を運んだり、図書館に参考文献を探しに何度も足を運びました。ただ、年に数回あるスクーリングで、同じ目的の学友と話をすることで前向きな気持ちになりました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。実際は資格を活かして転職が難しいことも分かっていたので資格が直接的に役に立ったかと言われると、答えは難しい。ただ、課題のレポートの作成や、美術館博物館の楽しみ方など、新しい視点を得ることは出来た。同じ目的を持った仲間と出会えたことも良かった。

    女性/26歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    元々博物館に行くことが好きで、入学した大学にたまたま学芸員資格取得コースがあったことから、資格をとってみようと思いました。

    ▼大変だったことは?
    資格をとるためには、必ず博物館や水族館、動物園などに頼んで実習をさせていただくことが必須なのですが、その実習が大変でした。毎日朝から晩まで、勉強しながらお手伝いをさせていただくのは、慣れないこともありしんどくもありましたが、同時期に他大学から実習に来ていた実習生と協力しながらの毎日だったので、楽しく乗り越えられました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。現在は学芸員資格を活かすことは難しい職に就いていますが、興味のあることについて勉強することができた経験や、実習で培ったコミュニケーション能力等は今に活きていますので、取って良かったです。あとは、学芸員資格を持っているとちょっとだけ話のネタになります。笑

  3. 視能訓練士

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    3.50  
     2 件のクチコミ
    女性/54歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    元々看護師の資格があり勤務していた職場の上司のご主人がこの資格で眼科で検査などの業務をしていることを聴き興味を持って。

    ▼大変だったことは?
    学校の入試があった。特に改めて勉強はしなかったが緊張した。元々文系が得意で、光学などの授業苦労しました。国家試験に向けて入学から1年という期間で準備しなければならず看護師国家試験よりもかなり力を入れて勉強した。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。眼科専門検査員という性質のある資格であり看護師と視能訓練士を持っているということで眼科医師からは重宝がられるというメリットがありました。眼科の専門的な知識が深まった。自身の老化に伴う視機能の変化にも冷静に柔軟に対応できている。

    女性/26歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    高校生の時に、眼科で働きたいと思ったためです。友人が斜視で写真映りを気にしていて相談にのっているうちに眼に興味を持ちました。視能訓練士の免許が取得できる大学に進学しました。

    ▼大変だったことは?
    臨地実習が大変でした。実際に患者さんの検査をして、実習記録を毎日書きました。先輩に聞いたり、文献で調べたり、友人に相談したりしました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。眼科で検査する際に必須の資格です。眼の知識が増えます。マイナーな資格なので就職する際、かなり役に立ちます。

  4. 司書教諭

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.00  
     1 件のクチコミ
    女性/34歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    大学で教職を取っていたので、教職を持っている人が取得できる免許だったから、一緒に取得したいと思ったからです。本が好きだから、学んでみたいと思ったからです。

    ▼大変だったことは?
    教職の授業があると、5限目まで学校にいないとだめだったので、1限目に司書教諭関係の授業があったり、卒業研究で追い込まれていた時期は辛かったです。遠方から通っていたので、電車で座れた時や空き時間があった時は、寝るようにしていました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。小学校のころ、図書室によく行ったことと、本屋さんが好きで本屋さんになりたいと思ったことがあったので、図書館の本が種別ごとに振り分けられていることを学んだ時、一般的な書店に行ったときに役にたちました。また、面白いなと思ったので、基本的に授業が嫌な思いをした記憶がありません。司書の資格がなくても、司書教諭でも雇ってくれる求人も時々あるからです。

  5. 図書館司書

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    3.30  
     23 件のクチコミ
    男性/59歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
     公共の図書館の充実が図られ、図書館の活動が近年活発になってきていることに加えて、もともと図書館で働くことにあこがれもあったことから取得をしました。

    ▼大変だったことは?
    国家資格のように、試験による一発勝負ではなく、決まった数の単位を取得するので、私の場合年に4回程度試験を受けていました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。具体的な勤務はこれからですが、求人には資格を条件としていたり、給与が資格なしの場合と比べて、多くなっているので、今後、この資格を活かして勤めを探していきたいです。

    女性/38歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    本を読むのが好きで図書館で働きたい希望があったのと、将来的に結婚して子育てしながら生かせる資格ではないかと思ったためです。

    ▼大変だったことは?
    正社員としてフルタイムで働きながら、通信教育で取得したため、レポートの提出や試験勉強がとても大変でした。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。出産し、正社員で働けなくなりましたが、資格をもっていたため、図書館に採用され、子育てや家事と両立しながら働けています。

    女性/35歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    子供の頃から本が好きで、図書館での仕事に興味があり、通学していた大学に司書資格取得のコースがあったため受講しました。

    ▼大変だったことは?
    司書資格の授業は大学での通常授業が終わった後の夜間帯だったため、帰宅時間が遅くなったことです。しかし、友人でも同じ資格を目指している人が多かったので、楽しく授業に臨むことができました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。大学卒業後は違う職に就いていたのですが、卒業後10年近く経ってからたまたま図書館で働くことになり、図書館司書の資格を活かすことができました。図書館司書の資格が無くても図書館で働くことはできますが、資格があると給料が優遇され、また、職員やお客様からの信頼度も高くなるため資格を取得していて良かったです。

    女性/36歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    小さなころから本を読むことが好きだったので、本に関係する資格はないかな、と思って探し、取りたいな、と思いました。

    ▼大変だったことは?
    自分だけでは教科書を読んでも理解しづらいところがあったり、なかなかレポートがうまく書けなかったりしたときは大変でした。他の関係する本を読んだりして工夫しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。本が好きなので、本に関係する資格を大学を卒業してからでも取得することができたことは良かったな、と思っています。

    女性/35歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    昔から図書館と本が好きで、将来図書館で働きたかったからです。そのためには図書館司書資格を持っていることが必要だと考えました。

    ▼大変だったことは?
    大学で必要な講義を受けて、単位を落とさないようにしました。教科書がとにかくわかりづらくて挫折しそうになりましたが。夢のために頑張りました。

    ▼取ってよかったですか?
    いいえ。結局、正職員になるには狭き門で、アルバイトやパートの求人もほとんどないので無駄でした。資格必須でもない場合もありますし。

  6. 中学校教諭専修

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.00  
     1 件のクチコミ
    女性/35歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    養護学校の教諭になるか、弁護士になるか、大学入学時に決められなかった。大学に入学し、法律に興味を感じられず、やはり教育に興味が芽生え、取得を目指した。

    ▼大変だったことは?
    法律が専門の学科にいながら、全く無関係の国語の教員免許を取るには、二人分の単位が必要だった。そのため、四年の前期まで毎日大学に通った。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。教員にはならなかったが、就職する際には毎回と言っていいほど、教員免許を利用した。学習塾や中学校、学童保育や障害者の就労支援など、教員免許が活かせる職場が多く、また活かせる職場が自分の興味がある職場だった。

#日本資格大賞

#私を変えた資格

公式Twitter

色々な資格の先輩合格者のクチコミをつぶやいています。 フォローはこちら↓