カラーコーディネーター検定3級

東京商工会議所

合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
4.00  
 4 件のクチコミ
男性/46歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
デザインの仕事をしていて、関連する資格を探し、カラーコーディネーターがあったので取得しようと考えました。

▼大変だったことは?
学校で学ばずに独学で取得したので、申し込みから、過去問の収集など自分で揃えて取り組まなければならなかった。ネットで独学の人を参考に乗り越えた。

▼取ってよかったですか?
はい。持っていないとできない仕事ではないが、知識のおさらいやレベルアップなどに役立った。資格があると自信を持つことができる。

男性/41歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
色彩検定とセットで受験することにしました。商工会議所主催の試験、ということもあり、知名度も高いです。

▼大変だったことは?
色彩検定とは若干違う問題が出題されることがあるので、過去問を見ておくことをお勧めいたします。こちらのほうが難しかったです。

▼取ってよかったですか?
はい。商工会議所主催ということもあり、人気が高く、知名度も抜群で、評価されることが多かったです。レベル以上に評価が高いです。

女性/47歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
プリザーブドフラワーのアレンジメントを習っていた時、もしも将来本格的に教室をはじめた際、アレンジの幅が広がるし、信用にもなるかと思い取得しました。

▼大変だったことは?
単に色のことだけではなく、光の見え方とか目の構造など、理科系のような問題があり、それを勉強するのが大変でした。また色の種類というのは非常に多くて覚えるのに苦労しました。

▼取ってよかったですか?
はい。花のアレンジメントだけではなく、人の「パーソナルカラー診断」も出来るし、例えばカーテンの色や家具、床の色などインテリアの配色にも役立てることが出来ました。

女性/47歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
デザインを勉強するために通っていた学校で、この資格を持っていると就職時に役に立つというアドバイスがあったため。自分から受けようと思ったというよりはクラス全員で受けてみようという軽いノリでした。

▼大変だったことは?
他にも平行して資格の勉強をしていたり、学校に通っていたので卒業検定の勉強もあったりでモチベーションを保つことが一番大変でした。受験する仲間たちとみんなで合格を勝ち取ろうと励まし合いながら乗り越えました。

▼取ってよかったですか?
はい。3級だったので就職にはあまり役に立ちませんでしたが、作品を作る上で色の組み合わせが前より上手になったような気がします。資格取得前は気にしなかった自然の中にある色を意識して組み合わせられるようになりました。

関連する資格

  1. 特殊無線技士

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.50  
     2 件のクチコミ
    男性/52歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    無線通信関係のエンジニアの仕事をしていると、従事者が必要なケースがあり、合格すると、会社から少しではあるが、報奨金がでるから

    ▼大変だったことは?
    仕事をしている社会人が、取得するので、勉強するのはきついです。理系出身であれば、工学的な試験科目はまだ良いが、無線法規は法律関係のことなので、法律専門ではないので、暗記するしかありませんでした。暗記が不得意な方にとっては大変苦労します。昔ながら、暗記勉強で使う暗記シートを使って、必死に覚えました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。会社からも、取得する様にすすめられます。また、この様な資格は、一度、合格しておけばよく、自分のスキルの証明にもなるので良いです。できるだけ、若いうちに取得しておいた方が良いです。

    男性/36歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    勤務先が通信会社であるため、それら通信機器を操作、保全するにあたり必要だと会社側から言われたために取得

    ▼大変だったことは?
    自分は文系大学出身のため、数式などを覚えるのが一苦労でした。また、電気通信に絡む法令も難解なため、反復して過去問を解きまくりました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。会社での立ち位置が変わり、それに伴い給与なども変わり、取得する前と後では金額が大きく変わり、生活が豊かになったため。

  2. 全商簿記1級

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.00  
     4 件のクチコミ
    女性/29歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    商業高校だったので簿記は必修でした。2級まで全員が受験しないといけませんでした。商業科目の中でも簿記が一番得意だったのでどうせなら1級まで取りたいと思い、取りました。

    ▼大変だったことは?
    2級までは全員受験だったので毎日のように授業がありましたが、1級からは週に2時間しか授業がなく、そして期間も3ヶ月だったので家でもひたすら勉強しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。正直使わないかなと思っていましたが、何かと事務処理のときに役に立ちました。税理士に勘定科目で説明されても理解ができるので勉強していてよかったと思いました。

    女性/38歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    高校の授業の一環で、毎年、高校を会場に行われるこの試験をうけるのが必須だったので、必然的に受けました。

    ▼大変だったことは?
    日々の授業の成果を見るためのもので、学校では普通の試験のような扱いだったこともあり、特別勉強をした記憶はなく大変だったことはなかったです。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。仕事などではっきりと役立つようなことはないが、工業簿記などの考えは、日々の生活でのちょっとしたためになっていると思います。TVなどを見るのであっても、年商、純利益、などの言葉の意味を知っているのは大きいと感じます。

    女性/49歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    商業高校に通っていた際に、学校と担当の先生の勧めで受験することになりました。難しい試験ですが、どうせ勉強するなら豪額したいと思って頑張りました。

    ▼大変だったことは?
    簿記の様々なルールを覚えて、問題を解く必要がありますから、とにかく様々な問題を解いて練習しました。それと担当の先生に質問を繰り返しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。簿記1級というのは、履歴書に書きやすく、就職活動をする際にとても役にたったと思います。たとえ経理の仕事でなくても、この資格と知識を持っていることは役に立ちました。

    女性/33歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    高校在学中に取得できるという点が一番のきっかけです。授業内容が検定の過去問を解くことも多く、資格を取得できてよかったと思ってます。

    ▼大変だったことは?
    借方、貸方が双方同じ金額になるか最後までわからないので、テスト中や試験中は最後までドキドキしてました。経験を繰り返さないと慣れないと思います。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。高校卒業後は簿記を活かした仕事に就職ができ、その後別の会社に就職した際には資格条件よりもよかったため基本給が最初から上がったのでよかったです。

  3. 情報処理検定3級

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    2.00  
     1 件のクチコミ
    女性/22歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    元々私にこの資格を取るつもりはありませんでした。きっかけは高校時代に授業の課題の一環で取得しようということになり、この資格を取得しました。

    ▼大変だったことは?
    専門用語を覚えるのはもちろん難しかったですが、それよりも表計算の式を覚えるのが一番の難題でした。訳わからないけどもう覚えるしかないと割り切って、参考書や問題集を使い勉強して乗り越えました。

    ▼取ってよかったですか?
    いいえ。1、2級ならまだしも3級ですので履歴書に書いてもさほどアピールポイントにはならないなと思ったからです。

  4. 応用情報技術者(AP)

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.00  
     4 件のクチコミ
    男性/35歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    システムエンジニアとしての自己学習のため。また、プロポーザルなどの資格要件に必要な場合があるため取得しました。

    ▼大変だったことは?
    勉強時間の確保が難しかったです。普段の仕事が忙しいため、土日休みに図書館でまとめて勉強することで乗り越えました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。勉強を通じて試験の知識だけではなく、普段の業務に役立つ知識やスキルを身に着けることが出来た点が良かった。

    男性/21歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    情報系の学校に通っていて、その当時に習った情報や計算の知識がきちんと身についているか試したかったからです。

    ▼大変だったことは?
    情報系のことを中心として学校で習っていたので、試験の分野の中のストラテジやマネジメントといったものがわからず苦労しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。就職活動のときなどに、資格の欄が埋まって面接官にもアピールできたのでこの資格を取得してよかったです。

    男性/39歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    基本情報技術者試験に合格しており、より上位の資格を取りたいと思ったからです。また、独立して取引先の方と仕事をするときにあったほうが良いと思ったことも理由の一つでした。

    ▼大変だったことは?
    仕事を終えてからの勉強はかなり厳しかったです。思うように時間が取れず、試験を受けても合格できない事がありました。リーマンショックもあって早期退職者を募集しており、独立して起業するまでの間に時間を作って勉強することで時間を確保しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。業務として経験はしていましたが、この資格を持っているということで一定の基準で評価してもらえるのはとても助かります。また、関連する深い知識を持っている上で業務にあたったほうが出せる成果の質が全く異なり、評価にもつながると考えています。

    男性/36歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    仕事で全くやったことのない分野の部門に配属されたため、概念的な知識を一通り勉強したかったのと、それを客観的に評価してくれるものが欲しかったので。

    ▼大変だったことは?
    1からの勉強だったため、用語の意味が分からないものも多く、勉強に時間がかかった。問題を先に解くようにして、知識をそれに付随させるように覚えていった。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。仕事に直結している訳ではないが、総括的な知識を一通り身に付けられたので何を調べればいいのかが分かるようになった。また、結果を出せたこと自体が自信に繋がった。

  5. 小原流いけばな准教授

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    5.00  
     1 件のクチコミ
    女性/54歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    仕事に慣れ、時間に余裕が出来た頃、友人が楽しいよと自分が習っている生花を教えてくれました。学校でも少し花を触ったことがあったので習ってみようかと思いました。

    ▼大変だったことは?
    日曜日の研究会は長時間なので負担でしたが、活けた花に点数をつけてくれるので、日々の練習に張り合いがありました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。教室で活けた花は家で活け直し床の間などに飾りました。結構長持ちするので毎日それを見たり香りをかいだりしてとても癒されたので良かったです。

  6. 第1種放射線取扱主任者

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    2.00  
     1 件のクチコミ
    女性/31歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    大学時代に放射性医薬品を研究する研究室に配属していて、先生や先輩方に「就職に有利になるかも」と勧められたからです。

    ▼大変だったことは?
    筆記試験合格後の講習に約10万円も必要だったことです。アルバイトのシフトをたくさん入れて、お金を稼いで乗り越えました。

    ▼取ってよかったですか?
    いいえ。結局、その資格がなくてもできる職場に入社したためです。転職したときも特に有利に働くこともありませんでした。かかったお金の割には役に立っていません。

#日本資格大賞

#私を変えた資格

公式Twitter

色々な資格の先輩合格者のクチコミをつぶやいています。 フォローはこちら↓