臨床心理士

日本臨床心理士資格認定協会

合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
4.00  
 3 件のクチコミ
女性/35歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
元々カウンセラーになりたいと思っていた。きちんとしたトレーニングが基礎にあり、現時点で最も社会的信用が高い資格だから。

▼大変だったことは?
受験資格は大学院修了して初めて得られる。大学院在学中はほぼ毎日必修の講義を受け、決められたトレーニングを行い、修士論文も書かねばならず、かなり忙しい学生生活だった。夢を叶えるモチベーションと、仲間同士の励まし合いでのりきった。

▼取ってよかったですか?
はい。資格を持ち、さまざまな経験を積むことで、年々多くの仕事が舞い込むようになった。大学院時代は苦労が多かったが無駄ではなかったと思った。

男性/30歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
将来どんなことをしたいか考えた時に人間関係が一番大事だと思いました。何を学んだら活かせるかと考えた結果、心理学を学んだら良いと考えたからです。

▼大変だったことは?
指定の大学院を卒業しないといけないので、そのための試験勉強と大学院のお金が大変です。勉強は一人でネットや本を参考にしながら毎日時間を決めて勉強していました。

▼取ってよかったですか?
はい。自分がやりたかったことをやっているからというのがあります。また、人に関することなので日々勉強しながら実践でそれを活かすことができ、自分のためになりながら人の役に立っているからです。

女性/36歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
カウンセラーとして生計を立てるため、もっとも社会的信頼のある資格を取りたかったから。就職の要件になっているところも多いので、この資格を取らなければスタートラインに立てないと思ったから。

▼大変だったことは?
大学院を修了していることが条件なので、2年間学業と論文執筆に明け暮れ、とても忙しかった。勉強と研究、プライベートが効率よく回るようしっかりと段取りすることで乗り切った。

▼取ってよかったですか?
はい。この資格を必須要件としている職場が多いため、就職に役立っている。研修会も多く開催されるので、勉強の機会に恵まれている。

関連する資格

  1. 航空無線通信士

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    1.00  
     1 件のクチコミ
    男性/51歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    航空従事者の仕事をする上で、単純作業だけではなく、航空機の作動試験など、難度が一つ上の作業を実施したいと考えたからです。

    ▼大変だったことは?
    専門知識の習得が必要なのですが、専門用語や特殊な内容が非常に多く、しかも周りにアドバイスしてくれる人もいなかったため、ほとんど独学で勉強しなければならなかったことです。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。航空機のエンジン作動試験では、空港管制塔と連絡を取りながら行うのですが、この資格があるためにその試験を実施できたり、一層難しい整備作業を割り当てられたことがあったので、とても仕事にやりがいを感じることができました。

  2. 気象予報士

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    3.67  
     3 件のクチコミ
    男性/73歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    気象庁の現役の予報官時代に気象予報士制度が導入されました。興味がある制度で自分の実力を試したくて挑戦しました。

    ▼大変だったことは?
    当時の気象予報士の試験は気象学の基礎的知識と各種天気図や衛星画像などを見て、実際に天気予報や防災事項を予測する技術力に分かれていました。どれも基礎は出来ていたので大変なことはありませんでした。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。気象の講演会等に行った場合気象予報士の○○さんと紹介されると、講演を聞いてくれる方々の顔つきが変わり、真剣になってくれたことは良かったと思います。

    男性/36歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    元々、気象学に興味を持っていたので取ろうと思いました。大学在籍中に興味本意で勉強を始めたのがきっかけです。

    ▼大変だったことは?
    学習範囲が広いことと、物理学の知識の他に観測画像や観測データの解析能力が必要になり、その教材が少ないため、勉強法の構築が大変でした。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。現在の会社の実務には関係していませんが、気象庁提供のデータを元に、自分なりに天気を解析できたりできるのが面白いです。また、話のネタにもなるので、仕事や交流の場で個性を高めることにも繋がっています。

    女性/34歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    アナウンサー業務をしてるので持っていると仕事の幅が広がると思い受験を決意しました。ちょうど気象予報士という職業がメディアなどでもてはやされていた時期だったので目にする機会も多く自分もなれればいいなと思ったからです。

    ▼大変だったことは?
    とにかく難しい内容でした。学科試験が一般知識という名の物理化学的な内容の試験と専門知識の試験。これだけでも大変ですが実技試験も2本。気象の実務経験がないためひたすら過去問を解きました。過去問を解く事で記述の模範解答の傾向がつかめるようになりました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。合格率4パーセント未満という難しい試験なので合格したというだけで評価が上がりました。また特殊な資格なので来てほしいという依頼もふえました。

  3. ジュエリーコーディネーター3級

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.00  
     1 件のクチコミ
    女性/24歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    仕事柄宝石に関わる者でしたので、宝石に関する基礎的な知識と宝飾の知識が欲しいと思い、本を購入し、力試しに資格試験を受けてみようと思いました。

    ▼大変だったことは?
    宝石の種類が多くて、覚えることに苦労しました。初めは主要となる誕生石から覚えていって、そこから関連付けて他の宝石も覚えていきました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。宝石に関して知識が付き、接客により自信が持てました。また、お客様に合わせたジュエリーのコーディネート方法も勉強できたので、喜んでもらえる機会も増えました。

  4. TOEIC(L&R)

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.02  
     53 件のクチコミ
    女性/35歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    海外の学校生活をを終えたあと、日本に帰国しましたが、仕事に役立つかと思いその資格を取ろうと思いました。

    ▼大変だったことは?
    特に大変なことはなかったですが、高い点数を取るのはそう簡単なことではなかったので、何度か勉強後受けました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。仕事の面接をする上で役立ちましたし、その資格のお陰で国内営業の事務から海外営業の事務をすすめられ嬉しかった。

    男性/39歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    自分の英語力を客観的に知りたいと思ったから。就職の際にも選考に使われることもあるので受験することにしました。

    ▼大変だったことは?
    特にそのため特別の準備はしませんでした。過去問を解いてどんな問題が出るのかは事前に練習をしておきました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。読解力とリスニング力に大きな差がありましたが、自分の英語力がどのくらいあるのかを知ることができたのでよかったです。

    女性/35歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    転職に有利になるように、手っ取り早く英語力を証明するものが欲しかったからです。加えて英検2級を取得していましたが、面接で8割くらいTOEICの点数を聞かれたからです。

    ▼大変だったことは?
    とにかく文法が苦手だったので、文法問題の点がすごく悪かったことです。あまりに苦手なので、思い切って中学文法からやり直しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。一番良かったのは自分に自信がついたことです。資格が取れたことで通っていた英会話スクールでも積極的に発言できるようになりました。

    女性/52歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    スコア形式なので実力を把握するのに分かりやすいこと、職場へのアピール、転職にも目安になっているので良いと思いました。

    ▼大変だったことは?
    試験はとにかく問題数が多く、2時間通しで行う為、かなり集中力が必要です。真面目に勉強してきても、体調や気分で上手く集中出来ないと特にリスニングはすぐに終わってしまいます。どの試験も同じことが言えますが、TOEICは時間が長い方だと思います。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。ある程度のスコアを取れるようになれば、履歴書でもアピールになります。また、知名度もある資格なので参考書や問題集も種類が色々出ていて、勉強もしやすいのではないでしょうか。

    女性/33歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    英語力の試験としてメジャーなので、自分の英語力を測ったり証明したりするのに便利だと思ったから。また、試験時間数や受験料が他の英語の試験と比べて受けやすいから。

    ▼大変だったことは?
    問題数が多く、それぞれのパートで問題の雰囲気が違うため、初めて受験したときは戸惑った。頭を悩ませずに、とりあえずテンポに乗って解答するように心掛けた。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。英語がどのくらいできるか聞かれたときにスコアを言えばイメージしてもらいやすく、便利だと感じた。他の英語資格は、世界でメジャーであっても日本ではTOEICほどではなかったりするので、使い分けとして持っておくのが良いと感じた。

  5. 秘書検定1級

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    3.60  
     5 件のクチコミ
    女性/30歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    大学に進まずフリーターだったので、大卒レベルとはいかないまでも、企業に注目してもらえるような資格が欲しかったからです。

    ▼大変だったことは?
    独学で資格を勉強したので、気軽に聞ける人がいないことが大変でした。ひたすらテキストの問題を解いて、内容を頭に叩き込みました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。アルバイトしていた百貨店で、資格を認められて別の仕事も紹介してもらえました。また、正社員の就職活動でも面接のマナーなどに悩まず、堂々と受け答えできるようになりました。

    男性/46歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    人事に異動になり、そこで新人採用研修を担当することになりました。新人にビジネスマナーを教えるときに自分が正しいビジネスマナーを身に着けていないとできないと思い、秘書検定を受けました。3級、2級に合格するにつれ、どうせなら、男性の合格者が少ない秘書検定1級の合格を目指そうと思いました。

    ▼大変だったことは?
    秘書検定の実技試験では、ただしいお客さん対応、電話対応が求められます。日々、正しい方法で対応している人は問題ないのですが、私は、我流で対応していたため、我流の方法が染み付いてしまい、講師の先生に何度指摘されてもなかなか直らず、癖が抜けるのに時間がかかり、結局、実技試験は2回不合格になり、最後の最後で合格しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。社会人として生きていくために正しいマナー、作法を身につけておくことで、どこでも相手を不快にさせない最低限の対応は100%できるという自信がつきました。

    女性/34歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    先輩からすすめられて、女性としてのふるまいがきれいになるし社会勉強にもなると思い受験しようと思いました

    ▼大変だったことは?
    講座をとっていたのですが、毎週土曜日一日中勉強でした。3か月間続いたので、リラックスできる時間が少なくなりました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。どの職種でも通用する資格で、もっていると信用されるのと、オールマイティに知識を生かせること、人との付き合い方など参考になりました

    女性/34歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    就職活動の際に有利になるかと思って大学生のときに取得しました。周りも就職活動にあわせて取得していた。

    ▼大変だったことは?
    大学生のときに取得したので、ビジネスシーンについてのイメージがまったくわかず、実践に基づいた勉強ではなくただの暗記になってしまいました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。実際に就職して仕事をはじめたとき、基本的なことが既に身に付いていた。ただし実際の現場でも学べることなので絶対に資格の勉強したほうがいいというわけではないとは思う。

    女性/50歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    新卒で入った会社にて、秘書室勤務をしていました。長く勤めていたので、後輩を指導する機会もありました。そのキャリアの証として、また、「これだけ秘書室にいたのだから1級に受かる力くらいないと恥ずかしい。」と感じたのがきっかけです。

    ▼大変だったことは?
    日頃実際に行なっている業務とテキストに書かれている事に乖離があったので、一般的な秘書業務として頭にインプットするのが大変でした。テキストを何度も繰り返し読み、自分の中でよく咀嚼してから頭に入れました。また、2次試験で面接があったのですが、日頃自分が行なっている接遇のやり方で通じるのかどうか不安でしたが、常に相手の立場に立つ事を心掛けて面接試験に臨みました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。履歴書に「秘書検定1級」と書くと、接遇やマナーのプロと見ていただけました。2級を取得されている方は非常に多いそうですが、1級はほとんど目にすることがなく、インパクトが強いそうです。

  6. パソコン能力評価試験ホームページ作成部門3級実技試験

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.00  
     1 件のクチコミ
    男性/46歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    インターネットの利用が当たり前の現代の日本社会に於いて、その代表的な存在であるホームページを作成出来る技能を身に付ける事は有効であると考えて本試験を受けました。

    ▼大変だったことは?
    特にありませんでした。むしろ、その時既にある程度知っていたホームページに関する知識の復習になってとても勉強になりました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。現在、個人的に運営しているウェブサイトの実物とはまた別の客観的な証明として有効だと考えるからです。また本試験に合格する事で、履歴書の資格欄に記載する事が出来る様になったからです。

#日本資格大賞

#私を変えた資格

公式Twitter

色々な資格の先輩合格者のクチコミをつぶやいています。 フォローはこちら↓