第一種電気工事士

電気技術者試験センター

合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
4.33  
 3 件のクチコミ
男性/63歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
官庁発注の公共電気工事を行っている会社に勤務していたので資格を取らないと仕事ができなかったためです。

▼大変だったことは?
東京都電気事業協会が主催する免許取得講習会に出席させてもらっていたのでさほど苦労せずに取得できました。

▼取ってよかったですか?
はい。会社で受注するすべての電気工事を担当することができる様になったので、自分の得意文門の工事を選んで年間計画を立てることができました。

男性/68歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
会社の入りメンテナンスの仕事をしていましたので会社から取るように言われ講習を受けて取ることが出来ました。

▼大変だったことは?
学科と実務があり高校を出てから勉強をしてなくて最初は本を見るのも嫌でしたが、最初不合格になりそれでやる気が出て何とか合格できました。

▼取ってよかったですか?
はい。仕事を会社から責任者として任されて業者を監督する立場になり給料も増えて昇格をして家族も喜んでくれました。

男性/45歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
前年に第二種電気工事士の取得したのでその上位資格である第一種電気工事士も取得出来ると考えたからです。

▼大変だったことは?
仕事をしながらだとまとまった勉強時間が確保できなくて苦労しました。子供も幼かったのでさらに時間が限られましたが勉強計画をしっかり立てることで克服しました。また、周りの有資格者のアドバイスも足を引っ張りました。こうすれば良い、合格者はみんなこうしている等と適当なアドバイスを真に受け一度実技試験で失敗しました。失敗を活かし自分自身が納得できる方法で試験に臨み合格しました。

▼取ってよかったですか?
はい。実務で役立っている事はもちろんですが周りの友人や知人から仕事や子守をしながら資格取得した事で評価が上がり、一目置かれるようになりました。

関連する資格

  1. Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 7/8

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    5.00  
     1 件のクチコミ
    男性/21歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    Oracleが提供するJavaというプログラミング言語の基礎的な知識があることを担保する資格でありIT企業で仕事をする上では必要不可欠であると感じたためです。

    ▼大変だったことは?
    引っ掛け問題が多いところです。普通に考えたら間違えないようなプログラムを問題とすることがありエラーを見つける問題は難しいです。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。IT企業で開発の仕事をする上でプログラミングの基礎的な知識があることを担保できる資格であるため。技術力の証明になっているからです。

  2. アロマセラピスト(IFA)

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.00  
     1 件のクチコミ
    女性/43歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    アロマセラピーのサロンを開きたいと思ったのでアロマセラピストの資格の中でも、上位資格のIFAの資格を狙いました。

    ▼大変だったことは?
    資格を取るには学校に通う必要があります。仕事をしながら通うのはかなり大変でした。お金もかなりかかりますし、試験もとても大変でした。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。アロマセラピストとして働きたい、もしくは開業したいならアロマセラピストの資格は必要だと思います。資格を取ったことで得られるものはたくさんありました。一緒に学んだ仲間や確かな知識、そして働く上で資格の強みを感じます。

  3. ドットコムマスターアドバンス

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    3.00  
     1 件のクチコミ
    男性/43歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    情報処理技術者を専攻しながらもITの作業から遠ざかり、資格取得の空白期間が長期に渡っていた。第二種情報処理取得移行、高度情報処理取得の段階までの、学習の気力が維持出来ない状況になり、手頃な資格を模索。ある程度の難易度が見込まれる資格として目星をつけた。

    ▼大変だったことは?
    本業で習得する必要があることが無数にある中、状況的に情報処理に費やせる学習時間が足りず、資格学習に時間を費やす事自体が、周囲からも無駄として評価された。周囲を納得させるために、個人的な学習だけでなく、目に見える明確な指標の必要性を時、資格学習に当てれる時間を確保した。

    ▼取ってよかったですか?
    いいえ。知名度や難易度が中途半端で、行き詰まっていた状況で手が届く資格取得としての選定であった為、リサーチ自体が間違っていたとの反省を得られた。例えより高度な資格に本格的に挑戦して失敗したとしても、中途半端な挑戦を繰り返すより本当の意味での前進につながったのだと思う。転職活動時にも特に留意された記憶はなく、評価は周囲や職場からも得られず、実際にPG習得に費やしたほうがより有効であったであろう。

  4. 第三種電気主任技術者

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.33  
     3 件のクチコミ
    男性/62歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    ビルを管理する仕事に必要で、会社からも資格当てが支給されるため。また転職する場合にもこの資格があれば有効なため。

    ▼大変だったことは?
    3年間で4教科合格する必要があり、出題も広範囲なため一年以上の学習期間が必要だったが、通信教育で規則的に学習できた。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。実際に転職する機会があり、比較的容易に転職が可能だった。ただしいきなり主任として迎えられたため給料が良かった半面責任もきつかった。

    男性/29歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    合格率がそこそこ低く、挑戦する目的で受験しました。また、当資格は取得すると手当が給与にプラスされる企業もあるため、メリットが多いと感じました。

    ▼大変だったことは?
    計算は得意ですが、法令を覚えるのに苦労しました。また、4科目すべてに合格する必要があり、勉強量が多く大変でした。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。現在の仕事で当資格は利用しませんが、趣味などで電気関係の計算を使う時に覚えた計算式が非常に役に立ちます。

    男性/63歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    ビル管理の仕事をしていく上で、この資格を持っていることは大変重要で、その勉強をしていく過程で実際の電気設備の構造が把握できる思ったからです。

    ▼大変だったことは?
    学校の専門は電気と違っていたため一から勉強することになり、また試験範囲は広範囲のため公式等を覚えるのに時間が掛かりました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。実際の仕事で分からなかった部分が、具体的に理解できるようになったことと、資格手当が毎月6千円付くようになったことです。

  5. 日本メイクアップ技術検定試験2級

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    3.00  
     1 件のクチコミ
    女性/37歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    化粧品メーカーに勤務したときに、日本メイクアップ技術検定1級取得が必須で、1級受験資格が2級合格だったため3級と同時に受験した。

    ▼大変だったことは?
    地方支店勤務だったため会社主催の講習会に参加のたびに大阪に出向いていた。また、ただメイクするだけではなく色々な手順を覚えるのが大変だった。講習会のたびに練習した。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。自分のメイクを見つめなおすきっかけになった。2級でもメイクの資格があるとお客様の反応が資格がない時と全く違う。

  6. 気象予報士

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    3.67  
     3 件のクチコミ
    男性/73歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    気象庁の現役の予報官時代に気象予報士制度が導入されました。興味がある制度で自分の実力を試したくて挑戦しました。

    ▼大変だったことは?
    当時の気象予報士の試験は気象学の基礎的知識と各種天気図や衛星画像などを見て、実際に天気予報や防災事項を予測する技術力に分かれていました。どれも基礎は出来ていたので大変なことはありませんでした。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。気象の講演会等に行った場合気象予報士の○○さんと紹介されると、講演を聞いてくれる方々の顔つきが変わり、真剣になってくれたことは良かったと思います。

    男性/36歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    元々、気象学に興味を持っていたので取ろうと思いました。大学在籍中に興味本意で勉強を始めたのがきっかけです。

    ▼大変だったことは?
    学習範囲が広いことと、物理学の知識の他に観測画像や観測データの解析能力が必要になり、その教材が少ないため、勉強法の構築が大変でした。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。現在の会社の実務には関係していませんが、気象庁提供のデータを元に、自分なりに天気を解析できたりできるのが面白いです。また、話のネタにもなるので、仕事や交流の場で個性を高めることにも繋がっています。

    女性/34歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    アナウンサー業務をしてるので持っていると仕事の幅が広がると思い受験を決意しました。ちょうど気象予報士という職業がメディアなどでもてはやされていた時期だったので目にする機会も多く自分もなれればいいなと思ったからです。

    ▼大変だったことは?
    とにかく難しい内容でした。学科試験が一般知識という名の物理化学的な内容の試験と専門知識の試験。これだけでも大変ですが実技試験も2本。気象の実務経験がないためひたすら過去問を解きました。過去問を解く事で記述の模範解答の傾向がつかめるようになりました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。合格率4パーセント未満という難しい試験なので合格したというだけで評価が上がりました。また特殊な資格なので来てほしいという依頼もふえました。

#日本資格大賞

#私を変えた資格

公式Twitter

色々な資格の先輩合格者のクチコミをつぶやいています。 フォローはこちら↓