珠算能力検定2級

全国珠算連盟

合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
3.00  
 3 件のクチコミ
女性/36歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
姉が習っていたことと、当時は周りの子たちもそろばんを沢山習っていて、遊びに行くような感覚でそろばん塾に通っていました。そこでみんなが自然と検定を受ける流れだったことがきっかけです。

▼大変だったことは?
級が上がるにつれて、問題の数字の桁数も増えて難しくなり、限られた時間で正確に解くのは難しかったです。ですが常に姉や周りの友達と一緒に頑張っている環境だったので、そこまでの困難さは感じませんでした。

▼取ってよかったですか?
はい。今でも簡単な計算をするときには頭にそろばんが浮かび、暗算することが出来るので、日々の買い物などでも役立っています。

女性/61歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
友達がそろばん塾で習っていたからです。数字にも明るくなるし、将来の仕事にも役立ちそうだと思いました。

▼大変だったことは?
昇級するのに試験があります。塾以外に家庭でも練習しました。家族に時間を図ってもらい、試験の時と同じようにやりました。

▼取ってよかったですか?
はい。仕事でそろばんを使っていたからです。今でこそ電卓やパソコンですが、若いころはそろばんの資格があることは有利でした。

女性/30歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
小学生の頃、仲の良い友人がそろばん教室に通っており、私も同じ教室に通いたいと両親に頼んで通い始めたことがきっかけでした。

▼大変だったことは?
小学2年生から6年生までの5年間習っていた中で、3級まではつまづくことなく進み楽しいと思いながら習っていたのですが、その後思うように指を動かせなくなってきて2級で初めて何度も不合格を味わいました。時にさぼったりしながらも諦めずに何とか続けたことで2級の壁を乗り越えました。

▼取ってよかったですか?
はい。この資格を取るために勉強していたことにより、計算をすることが楽しくなり算数、数学がとても好きになり得意科目にもなりました。小学生のあの頃に習っていて良かったと思っています。また、日常生活の中でも買い物の際に〇割引がいくらになるのかが暗算でぱっと計算できるのも便利です。

関連する資格

  1. 防火管理者

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    3.00  
     2 件のクチコミ
    女性/39歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    飲食店に勤めていた時に、取得してほしいと上司に言われたからです。責任者が集まって受講しに行きました。

    ▼大変だったことは?
    特に難しい試験等はないので、勉強等は不要です。しかし、2日間にわたって朝から夕方まで受講しなければならないので、スケジュールをあけるのが大変だったのと、単純に疲れました。途中で何回も寝そうになりました。

    ▼取ってよかったですか?
    いいえ。今は転職して、まったく役に立っていないと思っているからです。あとはこの責任者になったことで、火災等が起きた場合に自分に責任がかかりそうで怖いです。

    女性/48歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    以前務めていた会社で事務主任をしており、事務担当責任者は防火管理者資格を取得することが必須だったためです。

    ▼大変だったことは?
    特に大変なことはありませんが、一日研修に行かねばいけません。午前中は筆記と講義、午後は消防機器の実務研修となります。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。国家資格ですが簡単に取れます。またこれがあるとややですが、就職に有利になることもあります。ただし火事などが起きた場合は、その部署で全ての責任を取ることになりますので注意が必要です。

  2. 精神保健福祉士

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    3.33  
     6 件のクチコミ
    女性/31歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    元々、介護福祉士として働いていたが、勤務中に腰を壊してしまった。手に職を付けたいと思っていたので、同じ福祉系の資格を取ろうと思った。

    ▼大変だったことは?
    専門学校に入った。夜間のコースだった為、昼間は働いて、夜は学校に通った。寝不足の中、課題をしたり、国試の勉強をしたり大変だった。

    ▼取ってよかったですか?
    いいえ。精神科に勤務していたが、精神障害者を好きになれなかった。保護するのが、私の仕事なのに、心から軽蔑するような人たちにしかみえなくなった。

    女性/25歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    もともと大学で心理学を勉強しており、臨床心理士を取ろうとしていたが、カウンセリングだけではなく、相手の方の取り巻く環境にアプローチする人も必要ではないかと思ったのがきっかけ。

    ▼大変だったことは?
    日中バイトをしながら夜間の専門学校に通っていたため、体力と精神力が必要だった。平日だけでは勉強する時間が取れなかったので、休日の時間が多くある時にまとめて勉強していた。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。就職がしやすかった。また、困難を抱えている人と一緒に今後のことを考えたり、道をつけていけるので、やりがいがある。

    女性/36歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    介護福祉士として施設で働いていましたが、認知症の方が多く、より深く知りたいと思ったことがきっかけです。

    ▼大変だったことは?
    すでに社会福祉士を取得していましたので、通信の専門学校で9ヶ月コースで受験資格を目指しました。大変だったのは実習です。精神障害者の方と向き合えるまでに時間がかかりました。実習指導者にフォローしてもらいながら取り組みました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。介護福祉士だけの目線ではなく、精神保健福祉士としての目線をもって認知症の方の介護にあたれるようになりました。また、資格は一生物なので、転職する際も選択肢がひろがります。

    男性/44歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    会社での出世や、妻の急死、義父母との遺産相続などが一気に重なり、躁うつ病を発症しました。そして障がい者施設に通所するようになり、そこで私の担当となった精神保健福祉士に憧れを抱くようになり、自分もそうなりたいと思いました。

    ▼大変だったことは?
    私は38歳で資格取得の専門学校に入学したため、記憶力などは当然若い頃のようにはいきません。ですので入学してからすぐに一年後の国家試験対策を始め、様々な制度や法律を何度も読み上げて録音し、それを隙間時間に聞いたりして、記憶に残るようにしました。

    ▼取ってよかったですか?
    いいえ。躁うつ病を抱えたまま受験勉強を1年も続けたため、試験終了後に病状が悪化し、未だにそれが治りません。また現在は福祉職に従事していないため、精神保健福祉士法にある「資質向上の努め」という文言を守れていない、という罪悪感に苛まれる事も多いからです。

    女性/48歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    心理の国家資格であること。またこの資格を取れば、ストレスチェックの実施者(要研修受講)になれ、仕事の幅が広がる。

    ▼大変だったことは?
    仕事をしながら月々のレポート提出が大変だった。徹夜してでも締切を間に合わせた。スクーリングの時は更に大変だった。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。独自で仕事もしているので、プロフィールに追加できる。勤め先でも資格追加の報告をして、その仕事を回してもらえるようになった。

  3. 仏検3級

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.00  
     1 件のクチコミ
    女性/38歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    フランス語が好きで勉強をしていましたが、資格という形で、自分のフランス語のレベルがどの程度かのこしておきたかったため。また、フランス語を使ったお仕事をしたかったため。

    ▼大変だったことは?
    大学の勉強と、バイトをたくさんしながら資格の勉強の時間をとるのは大変でした。睡眠時間を削ったり、電車通学の間にも単語を覚えるなど時間をとって乗り越えました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。新しく人と知り合った時や、仕事の面接の時にこの資格を持っていると、珍しがられるので話のタネになってよいです。

  4. シニア情報生活アドバイザー

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.00  
     1 件のクチコミ
    男性/73歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    シニア世代の方々のパソコンに関する興味が強く、インターネットやメール等を覚えたくてシニアパソコン教室には多くの方が習いに来ます。そこで少しでも講師として役に立てたら良いと思い資格を取りました。

    ▼大変だったことは?
    資格を取るための試験で、どのようなソフトで何を教えるかのプレぜーテンションがありました。プレゼンテーションの資料つくりや、講師の前での発表は大変苦労しました。また筆記試験の技術的な問題は苦手だったので覚えるのに大変苦労しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。資格を取りシニア世代の方々の講師として週1回講座を受け持っており、自分のスキルアップと生徒さん達の覚えた時の喜びに出会うと何か満たされた気分になります。お役に立てて本当に良かったと思います。

  5. 第四級アマチュア無線技士

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    3.50  
     2 件のクチコミ
    男性/41歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    高校が工業系だったので資格を取ると言う事を推奨されていたので、たくさんの資格を取る必要があった中の最初の国家資格だったからです。

    ▼大変だったことは?
    学校で放課後に資格を取るための課外授業があり遅くまで学習したことがとても大変でした。また、過去問等を覚えるのが大変でした。

    ▼取ってよかったですか?
    いいえ。国家資格なので持っていること自体はとても誇らしいことなのですが、アマチュア無線というもの自体をやることが結局なくて意味をなさない資格となりました。

    男性/62歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    医療機器メーカーに勤務していて、無線LANを扱う機器によく不具合が発生するので、無線について学ぶために資格を取得しようと思いました。

    ▼大変だったことは?
    電波法規、無線工学という全く自分の知らない分野の勉強をしなければならないことでした。資格取得をサポートする講習会がありましたので、積極的に利用して合格しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。無線工学(電気回路、電磁波、送受信機のしくみ)、および関係する電波法令について詳しく知ることができ、仕事以外に趣味として、中学生の頃に憧れていたアマチュア無線を開設できることです。

  6. パーソナルカラリスト検定1級

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.00  
     1 件のクチコミ
    女性/27歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    専門学校に通っている時に役立つと思い、資格取得をしました。学校では二級までしか実施していませんでしたが、外部で一級を取りました。

    ▼大変だったことは?
    学校の勉強もあって勉強時間を取る事が難しかったので、電車の中でずっと勉強していました。座れない時は少し辛かったです。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。色の事が凄く為になり、知識が深まりました。何より自分がそれだけ努力できる事が凄くいい経験になりました。

#日本資格大賞

#私を変えた資格

公式Twitter

色々な資格の先輩合格者のクチコミをつぶやいています。 フォローはこちら↓