応用情報技術者(AP)

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)

合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
3.60  
 5 件のクチコミ
男性/35歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
システムエンジニアとしての自己学習のため。また、プロポーザルなどの資格要件に必要な場合があるため取得しました。

▼大変だったことは?
勉強時間の確保が難しかったです。普段の仕事が忙しいため、土日休みに図書館でまとめて勉強することで乗り越えました。

▼取ってよかったですか?
はい。勉強を通じて試験の知識だけではなく、普段の業務に役立つ知識やスキルを身に着けることが出来た点が良かった。

男性/21歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
情報系の学校に通っていて、その当時に習った情報や計算の知識がきちんと身についているか試したかったからです。

▼大変だったことは?
情報系のことを中心として学校で習っていたので、試験の分野の中のストラテジやマネジメントといったものがわからず苦労しました。

▼取ってよかったですか?
はい。就職活動のときなどに、資格の欄が埋まって面接官にもアピールできたのでこの資格を取得してよかったです。

男性/39歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
基本情報技術者試験に合格しており、より上位の資格を取りたいと思ったからです。また、独立して取引先の方と仕事をするときにあったほうが良いと思ったことも理由の一つでした。

▼大変だったことは?
仕事を終えてからの勉強はかなり厳しかったです。思うように時間が取れず、試験を受けても合格できない事がありました。リーマンショックもあって早期退職者を募集しており、独立して起業するまでの間に時間を作って勉強することで時間を確保しました。

▼取ってよかったですか?
はい。業務として経験はしていましたが、この資格を持っているということで一定の基準で評価してもらえるのはとても助かります。また、関連する深い知識を持っている上で業務にあたったほうが出せる成果の質が全く異なり、評価にもつながると考えています。

男性/36歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
仕事で全くやったことのない分野の部門に配属されたため、概念的な知識を一通り勉強したかったのと、それを客観的に評価してくれるものが欲しかったので。

▼大変だったことは?
1からの勉強だったため、用語の意味が分からないものも多く、勉強に時間がかかった。問題を先に解くようにして、知識をそれに付随させるように覚えていった。

▼取ってよかったですか?
はい。仕事に直結している訳ではないが、総括的な知識を一通り身に付けられたので何を調べればいいのかが分かるようになった。また、結果を出せたこと自体が自信に繋がった。

女性/31歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
会社で取得支援をしていていた事。また、エンジニアとしての基礎知識も復習できるし専門外の事についても学べるので多部署との連携にも役立つのではないかと思った。

▼大変だったことは?
そこまで深くない知識でも範囲が広いため特に知識問等暗記しないといけないものを覚えるのが大変だった。対策としては、毎日コツコツ勉強する事と、読む暗記より練習問題を沢山解くことで合格できた。

▼取ってよかったですか?
はい。転職の際に同分野の他職種に就職する際にも役立つ。ただ、実践ではあまり役に立たない基礎知識レベルの問題なので、仕事に直接役立つ知識のためには更に上級の資格が取る必要がある。取得するだけで手当てが出る会社も多いので、そういった会社では取るだけでわかりやすい利益が得られるだろう。

関連する資格

  1. Microsoft Office Specialist 2013 (Excel)

  2. 大型特殊免許

  3. 機械検査技能士

  4. サービス接遇検定1級

  5. 三級知的財産管理技能士

  6. 2級ファイナンシャル・プランニング技能検定

Amazonギフト券が当たるキャンペーン

#私を変えた資格

公式Twitter

色々な資格の先輩合格者のクチコミをつぶやいています。 フォローはこちら↓