中学校教諭一種

文部科学省

合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
3.80  
 5 件のクチコミ
女性/47歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
教育大学の教員養成課程出身だったため、教員免許を取得しなければ卒業出来なかったこともあり、卒業イコール免許取得になった。

▼大変だったことは?
教育実習が必須の為、体育が苦手な子どもたちに体を動かす事が如何に楽しい物なのかを知ってもらう事に苦慮した。結果的には子供たちが楽しめるプログラムを考えられたので乗り越えられた。

▼取ってよかったですか?
はい。この資格は今の仕事には無関係だが、人に物を教える際、人は自分と同レベルで物事を見ていない事に気づく事が出来た。相手の見ているレベルまで視線を低くして判断を行うことが出来るので、この資格を取得して良かったと思う。

女性/27歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
中学生の時に、将来は英語教師になりたいと思いました。その為に大学も免許状が取得できる学科がある大学へ進学しました。

▼大変だったことは?
教育学科ではなく英語英米文学科に入学したので、卒業単位の他に教育科目の授業が必要だったので、授業数が多くなり大変でした。

▼取ってよかったですか?
いいえ。大学卒業前に、教師になることを辞め一般企業に就職したのですが、特に有利になることも、英語を使わない業種だったので役立つこともなかったです。

女性/42歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
大学のころ、友だちがとっていた授業をまねしていたら、みんな教育実習に行って資格をとるという流れだったので自然ととりました。

▼大変だったことは?
とにかく、朝早くから自転車で学校にいき夜まで学校にいました。次の授業の構想を練るのが大変でした。あとは、時間内に終わるかどうかです。

▼取ってよかったですか?
はい。わたしは、教師には向いていないと思った2週間でした。とても、辛くてハードでした。しかし、人前で話すことが平気になりました。

女性/37歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
高校の時にとてもいい先生に出会えた。生徒一人ひとりに目を向けてくれていることが分かり、話を真剣に聞いてくれる先生だった。対して中学校ではそのような先生に出会うことはなく、先生から抑圧されていたことを感じていたので、中学校で自分が高校のときの先生のような存在になりたいと思ったから。

▼大変だったことは?
授業数が多くなること、教育実習があること、奉仕活動として老人ホームへ研修に行くこと。自分の将来に繋がることをしていると思って乗りきった。

▼取ってよかったですか?
はい。結局先生にはなれなかったが、塾や教師とは別の仕事をするときに目にとめてもらえた。また、教育関係の仕事をするときに免許がある事が礎になり自信をもってとりくめる。

女性/48歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
まずは人に何かを教えることが好きでした。英語以外は小学校で習っている為にすでに嫌いになっている子供がいると考え、子供にとって初めての教科である英語を教えたいと思いました。(当時は英語は中学生からでした)

▼大変だったことは?
大学の授業が人よりも多かったです。教育実習も慣れない事で想像以上に疲れました。しかしやりがいを感じることができ、教員になりたいと強く思いました。

▼取ってよかったですか?
はい。教員採用試験を受ける資格を得られた事です。そして教員採用試験に合格した事です。試験当時に勉強した一般教養は今でも役に立っています。

関連する資格

  1. 幼稚園教諭二種免許状

  2. 毒物劇物取扱者試験(一般)

  3. 臨床検査技師

  4. 旅程管理主任者

  5. 高所作業車運転

  6. 栄養教諭二種免許状

Amazonギフト券が当たるキャンペーン

#日本資格大賞

#私を変えた資格

公式Twitter

色々な資格の先輩合格者のクチコミをつぶやいています。 フォローはこちら↓