法律部門

日本資格大賞とは、資格保有者が「持ってて良かった」を選ぶ、投票型の資格表彰イベントです。資格を保有する15歳~74歳の男女・全国2,055人の資格保有者から寄せられた資格への評価を集計し、部門別にご紹介しています。編集部スタッフ一同、社会から 少しでも”資格選びの失敗”が減って、”資格を活かして輝く人” が増えることを願っています。

【業界別部門】 事務職簿記会計・経理保育介護医療福祉心理コーチングカウンセラーセラピストネイルアロママッサージ建築SEパソコンIT経営不動産法律金融

【保有者別部門】 主婦女性男性10代20代30代40代50代60代

結果発表

 

4.37
38人が投票

(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会)
「あったら日本で生きていく上で絶対に役に立つ知識ばかりだからです。むしろ知らなかったら、お金を損してしまうこともあるくらいです。」女性38歳
「仕事がらFPに関する知識は、多ければ多いほどより高度で柔軟なコンサルティングが可能となるため無駄だったとは全く思いません。ジョブローテーションで営業を担当しなくなった今でも別の仕事で資格勉強を通した知識は役立ってます。」男性25歳
「日常生活に役立つことが盛りだくさんだったからです。直近では確定申告で知識がとても役立ち、還付金がとても増えました。今後生きていくうえでも、お金の資産の仕方などを応用できそうです。」女性38歳


4.33
3人が投票

(厚生労働省)
「子どもを二人産み、職場復帰しました。出産子育ての知識を多いにいかしながら、また、最新の子育ての情報もとりいれながら、今のお母さんに寄り添うことができるようがんばっています。」女性40歳
「看護師として、病院などで働くだけでなく、行政や民間でも働けるという安心感があります。看護師がだめでも、保健師として国家資格を生かして働くことができるという職業選択の幅が持てるということはとてもいいことだと思います。」女性26歳
「就職先選びに困らないし、この資格を持っているだけで、手当がついたりしたので、本当に重宝しました。夜勤のない仕事もたくさんあるし、在宅ワークも選べる点では持っていて損はない資格です。」女性41歳


4.04
25人が投票

(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会)
「FP3級は2級ほど難しくなく、保険や税金など自分の暮らしに関わることを学べます。学生も社会人も主婦も皆さんに役立つ資格だと思います。」女性30歳
「将来の資産について考える事が出来た。今度もターニングポイントで、得た知識が役立つと思う。また、仕事においても、税金などに詳しくなれたので受けてよかったと思う。」女性24歳
「いろんな仕事でつかえるのはもちろん、保険の仕事などにも必須資格で、今後も仕事への繋がりを感じています。」女性32歳


4.00
2人が投票

(サーティファイ)


4.00
2人が投票

(商事法務研究会)


4.00
2人が投票

(知的財産研究教育財団)


4.00
4人が投票

(東京商工会議所)


4.00
3人が投票

(日本貸金業協会)


3.83
6人が投票

(社会保険労務士試験センター)


3.83
6人が投票

(日本旅行業協会)


3.81
42人が投票

(不動産適正取引推進機構)


3.68
28人が投票

(社会福祉振興・試験センター)


3.67
3人が投票

(東京商工会議所)


3.60
5人が投票

(銀行業務検定協会)


3.53
15人が投票

(行政書士試験研究センター)


3.33
3人が投票

(法務省)


3.33
6人が投票

(社会福祉振興・試験センター)