金融部門

日本資格大賞とは、資格保有者が「持ってて良かった」を選ぶ、投票型の資格表彰イベントです。資格を保有する15歳~74歳の男女・全国2,055人の資格保有者から寄せられた資格への評価を集計し、部門別にご紹介しています。編集部スタッフ一同、社会から 少しでも”資格選びの失敗”が減って、”資格を活かして輝く人” が増えることを願っています。

【業界別部門】 事務職簿記会計・経理保育介護医療福祉心理コーチングカウンセラーセラピストネイルアロママッサージ建築SEパソコンIT経営不動産法律金融

【保有者別部門】 主婦女性男性10代20代30代40代50代60代

結果発表

 

4.37
38人が投票

(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会)
「資格として形になっているため、保険、不動産、金融など日常生活で関わる話がある際に、自信をもって担当者と話をすることがができる。」男性40歳
「特に銀行・証券の勉強は経済の根本が学べたので、後の株式投資を始めた時の経済ニュースの内容がすんなり理解でき非常に役に立ちました。」女性48歳
「想定通り、仕事に就けましたし、実生活でも役に立つ上、親兄弟など家族にも感謝されることもあり、取ってよかったと思います。」男性40歳


4.04
25人が投票

(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会)
「よく資格を取得したまではよかったが、実際に役立たない事が多いと思います。この資格は日常生活で役立つ内容ですので、取得する為の勉強をするだけでもやっておいて損はないと思います。」男性44歳
「生きていく上で最低限に必要な税金などの知識が身に付いたからです。今まで中身を理解せずに受け流していたことの理解や、この機会で初めて知った法律の知識などがたくさんあったので、今後生きていく上で活用できるものだと思いました。ただし更に深い知識を得るためには3級以上の級を取得する必要があるとも感じました。」女性35歳


4.02
63人が投票

(日本商工会議所)
「自分で個人事業をやっているが、経理の流れがおおむね理解できることはとても心強く感じる。また、普段の生活でもお金にもっと興味を持てるようになった。」男性22歳
「資格をとって、就職に有利だったかは採用側にならないと分かりませんが、履歴書の資格の欄に書けたことは良かったと思います。職業訓練校が終了してから、就職できたので、多少は有利だったのかなと思っています。」女性36歳
「就職の際有利だったこと。事務職のパートをしているが簿記の専門用語を知っているだけでも、仕事がスムーズになったこと。経理は担当していませんが、貸借対照表や損益計算書の見方は解るため、ほかの書類作成時に役立ちました。」女性45歳


4.00
4人が投票

(日本証券業協会)


4.00
4人が投票

(東京商工会議所)


4.00
3人が投票

(日本貸金業協会)


4.00
2人が投票

(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会)


4.00
2人が投票

(日本経済新聞社)


4.00
2人が投票

(日本証券業協会)


4.00
1人が投票

(日本証券アナリスト協会)


4.00
1人が投票

(金融財政事情研究会)


4.00
1人が投票

(中央職業能力開発協会)


3.81
42人が投票

(不動産適正取引推進機構)


3.50
2人が投票

(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会)