中学校教諭専修

文部科学省

合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
4.00  
 1 件のクチコミ
女性/35歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
養護学校の教諭になるか、弁護士になるか、大学入学時に決められなかった。大学に入学し、法律に興味を感じられず、やはり教育に興味が芽生え、取得を目指した。

▼大変だったことは?
法律が専門の学科にいながら、全く無関係の国語の教員免許を取るには、二人分の単位が必要だった。そのため、四年の前期まで毎日大学に通った。

▼取ってよかったですか?
はい。教員にはならなかったが、就職する際には毎回と言っていいほど、教員免許を利用した。学習塾や中学校、学童保育や障害者の就労支援など、教員免許が活かせる職場が多く、また活かせる職場が自分の興味がある職場だった。

クチコミを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

クチコミを投稿する

関連する資格

  1. 司法書士

  2. 保健師

  3. 薬剤師

  4. 毒物劇物取扱者試験(農業用品目)

  5. 自動車検査員

  6. 社会福祉主事任用資格

Amazonギフト券が当たるキャンペーン

#日本資格大賞

#私を変えた資格

公式Twitter

色々な資格の先輩合格者のクチコミをつぶやいています。 フォローはこちら↓