相談支援専門員

厚生労働省

合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
4.00  
 1 件のクチコミ
女性/38歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
障がいをお持ちの方がサービスを利用する際に相談支援専門員のプランニングが必要となります。福祉関係の事業所におり、福祉サービスを受けたいと悩んでいる障がいをお持ちの方の力になりたいと思ったからです。

▼大変だったことは?
5日間の研修で資格を取得できるのですが、事前に利用計画案を作成する必要があります。どうすれば適切なプランになるか分からず、職場の先輩のアドバイスを受けて作成をしました。また、研修を受けるまでに実務経験や保有資格などの要件があります。実務経験を重ねるため、家族の協力を得ながら従事しました。

▼取ってよかったですか?
はい。自分で独り立ちしてサービスの計画や相談を受けることができるようになったからです。プランニングや相談を受けるのは大変ですが、やりがいがあり充実しています。

関連する資格

  1. 司書教諭

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.00  
     1 件のクチコミ
    女性/34歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    大学で教職を取っていたので、教職を持っている人が取得できる免許だったから、一緒に取得したいと思ったからです。本が好きだから、学んでみたいと思ったからです。

    ▼大変だったことは?
    教職の授業があると、5限目まで学校にいないとだめだったので、1限目に司書教諭関係の授業があったり、卒業研究で追い込まれていた時期は辛かったです。遠方から通っていたので、電車で座れた時や空き時間があった時は、寝るようにしていました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。小学校のころ、図書室によく行ったことと、本屋さんが好きで本屋さんになりたいと思ったことがあったので、図書館の本が種別ごとに振り分けられていることを学んだ時、一般的な書店に行ったときに役にたちました。また、面白いなと思ったので、基本的に授業が嫌な思いをした記憶がありません。司書の資格がなくても、司書教諭でも雇ってくれる求人も時々あるからです。

  2. 通関士

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.00  
     2 件のクチコミ
    女性/43歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    転職しようとしたとき前職が営業だった為、事務職に就くことが難しかった。就職難の時でもあり、箔がつく資格がないと再就職は難しいと思い、国家資格の中でも難易度低め(と感じた)の通関士を選んだ。「貿易のスペシャリスト」という謳い文句があり、「貿易・・・かっこいい」と思ったのも動機の一つ。

    ▼大変だったことは?
    難易度低めだが、やはり国家資格。もともと勉強ができないタイプの自分には相当ハードルが高く合格まで5年もかかってしまった。同じ資格を目指す友人ができ、励ましあうことでやる気が出た。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。合格後通関士として働いてはや15年。自分が仕事をしないとと会社が回らない(運営できない)ことや、資格職であることに責任と誇りを感じます。産休・育休後も待遇は変わらず、子供の発熱等の対応も考慮してもらえ、会社には大切にされていると感じます。勉強中はつらかったけど、その時思い描いた理想の働き方ができているので満足しています。

    女性/32歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    高校生の頃から、将来は海外に出るか、貿易に関わる仕事がしたいと思っていました。そんな中、先輩の何人かが通関士に挑戦していると聞き、高校三年生の時にわたしも挑戦することにしました。

    ▼大変だったことは?
    法令の文言を理解するのが難しかったです。また承認と許可などよく聞くようで違いが分かりにくいものもありました。テキストや学校の先生に聞いたりしました。同じく資格取得を目指すクラスメイトと合宿をしたり、過去問をたくさん解くことに集中して乗り越えました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。通関業者では法令上有資格者が在籍している必要があるので、今のところ一定の需要はあります。また個人で貿易を始めようという時に、日本の法令には強い(または相談先や申請先がわかる)ので変な心配がありません。

  3. 製菓衛生師

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.00  
     4 件のクチコミ
    女性/36歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    専門学校で製菓を勉強していて、製菓業界か製パン業界に就職を希望していたので。資格はなくても就職できるが、持っていたほうが知識があることの証明になるから。

    ▼大変だったことは?
    公衆衛生や食品全般に関することなど、勉強しなければならない範囲が広い。過去問を繰り返し解いて出題の傾向をつかんでいった。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。製菓業界に就業してからだと勉強する時間がとれないので、在学中に資格を取得することができて良かった。勉強した知識は、仕事をする中で役に立つこともある。

    女性/37歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    パティシエは本来資格がなくても出来る職業ではあるのですが、自分自身の自信とするために資格をとろうと思い勉強を始めました。

    ▼大変だったことは?
    専門学校に行ったわけではなく、直接雇用のパティシエだったので公衆衛生学や法律の事など全く知らなかった事を勉強しなくてはいけないのが大変でした

    ▼取ってよかったですか?
    はい。パティシエとして働いた後に、専門学校の講師をしたのですが、資格があるだけで、説得力に差がでたので取得してよかったと思っています

    女性/31歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    通信制の高校に通っていたのですがスクーリングが月に4回程度で短大の栄養学科への進学を考えていた為、忙しくなる前に食に関する資格を取りたかったからです。お菓子作りが好きだったのも理由の一つです。

    ▼大変だったことは?
    専門学校の通信制に一年通った後試験を受けて取得するのですが、製菓だけではなく衛生学や栄養学、食品学等分野が広いので大変でした。テキストや過去問を繰り返し解いて暗記しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。祖父が製菓店を営んでいるので手伝いができたことと、友達の誕生日や差し入れに食べてもらうお菓子を作った時に喜んでもらえるぐらいの物を作れるようになったので良かったです。

    女性/41歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    パティシエになりたいと思い、製菓専門学校に入学しました。卒業時に製菓衛生師の受験資格を得る事が出来ましたので今後の為に受験しました。

    ▼大変だったことは?
    授業で学んだ事しか出題されない事は分かっていましたので、特に勉強もせず、大変だとも感じませんでした。プレッシャーはありましたが。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。現在パティシエとして働いていますが特に企業に就職するにあたってはこの資格を持っている方が有利だったのとお給料も高くなりました。

  4. 学芸員資格

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    3.86  
     7 件のクチコミ
    女性/25歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    大学では教育学部に通っていましたが、教員免許は更新制となったため、一生ものの資格とは言えなくなってしまったからです。それに代わる資格を取得したいと思いました。

    ▼大変だったことは?
    教員免許を取るための勉強や実習に加え、博物館学芸員課程という別の勉強や実習も必要だったので、両方を取得しようとすると、夏休みも返上して学校に通うこととなり、忙しかったです。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。教員を辞めてしまった今となっては、教員免許を更新しようか迷っていますが、もし更新しなかったとしても、自分に専門性があることはアピールできると思うからです。

    女性/50歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    司書資格と共に取れるコースだったため、将来何かの役に立つかもしれない程度の軽い気持ちで取得しました。

    ▼大変だったことは?
    特別大変なことはありませんでした。司書資格取得が主な目標だったのでそちらの勉強が大変だったと記憶しています。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。仕事に反映させる機会は結局なかったのですが、美術館や博物館を訪れる度に学芸員さんの隠れた努力を読み取ることができ、2倍楽しめるからです。

    女性/46歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    音楽大学に在学中、音楽学部の生徒も美術学部で単位を取って学芸員資格が取得できると聞いて、取りたい!と思い取りました。

    ▼大変だったことは?
    畑違いの勉強を一からしなければならなかったことと、美術学部まで少し遠かったので通うのが大変でした。でも、仲の良い友達も一緒に通っていたので、励みになり最後まで通えました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。上京して転職する際、資格があったのですんなり採用されました。前職やアルバイトも学芸員とは関係のない仕事でしたが、学芸員の資格があるということで即採用されました。派遣でしたが、公共施設で約3年間働かせていただき、大変勉強になりました。機会があれば、もっと専門的に勉強して、この資格を活かした仕事をしたいと思います。

    女性/32歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    もともと美術館、博物館が好きだったのでそれに関する知識を得たいと思ったため。また、今後転職などを考える際にも資格があれば役に立つかと思ったから。

    ▼大変だったことは?
    仕事をしながら、期日までに課題レポートを作るのが大変でした。レポートのために実際に美術館へ足を運んだり、図書館に参考文献を探しに何度も足を運びました。ただ、年に数回あるスクーリングで、同じ目的の学友と話をすることで前向きな気持ちになりました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。実際は資格を活かして転職が難しいことも分かっていたので資格が直接的に役に立ったかと言われると、答えは難しい。ただ、課題のレポートの作成や、美術館博物館の楽しみ方など、新しい視点を得ることは出来た。同じ目的を持った仲間と出会えたことも良かった。

    女性/26歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    元々博物館に行くことが好きで、入学した大学にたまたま学芸員資格取得コースがあったことから、資格をとってみようと思いました。

    ▼大変だったことは?
    資格をとるためには、必ず博物館や水族館、動物園などに頼んで実習をさせていただくことが必須なのですが、その実習が大変でした。毎日朝から晩まで、勉強しながらお手伝いをさせていただくのは、慣れないこともありしんどくもありましたが、同時期に他大学から実習に来ていた実習生と協力しながらの毎日だったので、楽しく乗り越えられました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。現在は学芸員資格を活かすことは難しい職に就いていますが、興味のあることについて勉強することができた経験や、実習で培ったコミュニケーション能力等は今に活きていますので、取って良かったです。あとは、学芸員資格を持っているとちょっとだけ話のネタになります。笑

  5. 中学校教諭二種

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    2.00  
     1 件のクチコミ
    女性/50歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    親に言われて、将来役にたつのかなと思い短大のときに免許を一応取りました。一緒にいた短大の友達は誰も取っていなかったので孤独に勉強しました。

    ▼大変だったことは?
    短大なので元々勉強期間が短いのに教職免許のカリキュラムまで取ってしまい、短大2年間勉強ばかりしていました。それが大変でした。

    ▼取ってよかったですか?
    いいえ。社会に出て、全く必要な機会がなくて、就職にも役立ちませんでした。もっと実務的な資格を取れば良かったと思っています。

  6. 大型免許

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.50  
     2 件のクチコミ
    男性/41歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    バスの運転に憧れた時期が有って、緑ナンバーは2種だけど、白ナンバーで自治体運行してる路線バスや旅館の送迎バスは1種でも運転出来るって事なので、それなら、田舎帰って多少歳を取っても運転できるかな?と思ったのがきっかけ。

    ▼大変だったことは?
    当然だけど、ミラーの見え方・ブレーキの感覚他全てが乗用車とは違うので、横の教官から何を言われても慌てない様に落ち着いて(笑)運転するのが大変(神経を遣う)

    ▼取ってよかったですか?
    はい。仕事柄、4トンのクレーン付きユニックをレンタルした時、自分が代わりに動かしたら「大型持ってんの?」と、上司に驚かれた事(笑)資格は付加価値だと、つくづく感じた。

    男性/46歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    大学卒業から就職までの準備期間に助成金をもらいながら受講することができると聞き、もらえるものはもらっておこうと思い、とくに必要に迫られたというよりは、何となく取った感じです。

    ▼大変だったことは?
    当たり前ですが、大きな車を運転したことがなかったので、運転が難しくて、最初はなかなか感覚がつかめませんでした。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。予想以上に役に立っています。大型の車を持っていないので、また買うこともないので、一生ペーパードライバーだと思っていたら、マイクロバスや2トン車の運転を頼まれることがあったりと、仕事等でも役に立っているし、何よりこういったかたちで、人の役に立てるのが嬉しいです。

#日本資格大賞

#私を変えた資格

公式Twitter

色々な資格の先輩合格者のクチコミをつぶやいています。 フォローはこちら↓