日本体操協会第3種公認審判員

日本体操協会

合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
4.00  
 1 件のクチコミ
女性/27歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
自分自身が長年新体操の選手として活動していましたが、ケガにより続けることができなくなり、クラブチームでアシスタントコートとして転身しました。指導する上で審判の目線を知ったり、演技のルールの詳細を知っていることが必要となると思い、資格を取りました。

▼大変だったことは?
普段のレッスン中は勉強することができなかったため、限られた時間での勉強は少し大変でした。また、試験に出る内容は、自分一人では難しく、既に審判の資格を持っている先輩や他のコーチに試験のコツを教えてもらい、勉強しました。

▼取ってよかったですか?
はい。資格を取得する前に比べて、アシスタントコーチとして、指導にも自信が持てましたし、説得力も増しました。また、選手としての目線と審判に見られる部分が両方理解できるようになり、指導の幅が広くなったことも、資格を取って良かったと思う点です。

関連する資格

  1. 青少年ケアストレスカウンセラー

  2. メンタルケア・アドバイザー

  3. 貿易実務検定C級

  4. CMA(日本証券アナリスト協会認定アナリスト)

  5. 漢検2級

  6. 国連英検B級

Amazonギフト券が当たるキャンペーン

#日本資格大賞

#私を変えた資格

公式Twitter

色々な資格の先輩合格者のクチコミをつぶやいています。 フォローはこちら↓