日本体操協会第3種公認審判員

合格者クチコミでわかる【資格VOICE】
4.00  
 1 件のクチコミ
女性/27歳/未婚合格者クチコミでわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
自分自身が長年新体操の選手として活動していましたが、ケガにより続けることができなくなり、クラブチームでアシスタントコートとして転身しました。指導する上で審判の目線を知ったり、演技のルールの詳細を知っていることが必要となると思い、資格を取りました。

▼大変だったことは?
普段のレッスン中は勉強することができなかったため、限られた時間での勉強は少し大変でした。また、試験に出る内容は、自分一人では難しく、既に審判の資格を持っている先輩や他のコーチに試験のコツを教えてもらい、勉強しました。

▼取ってよかったですか?
はい。資格を取得する前に比べて、アシスタントコーチとして、指導にも自信が持てましたし、説得力も増しました。また、選手としての目線と審判に見られる部分が両方理解できるようになり、指導の幅が広くなったことも、資格を取って良かったと思う点です。

関連する資格

  1. 製菓衛生師

    合格者クチコミでわかる【資格VOICE】
    4.00  
     3 件のクチコミ
    女性/36歳/既婚合格者クチコミでわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    専門学校で製菓を勉強していて、製菓業界か製パン業界に就職を希望していたので。資格はなくても就職できるが、持っていたほうが知識があることの証明になるから。

    ▼大変だったことは?
    公衆衛生や食品全般に関することなど、勉強しなければならない範囲が広い。過去問を繰り返し解いて出題の傾向をつかんでいった。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。製菓業界に就業してからだと勉強する時間がとれないので、在学中に資格を取得することができて良かった。勉強した知識は、仕事をする中で役に立つこともある。

    女性/37歳/既婚合格者クチコミでわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    パティシエは本来資格がなくても出来る職業ではあるのですが、自分自身の自信とするために資格をとろうと思い勉強を始めました。

    ▼大変だったことは?
    専門学校に行ったわけではなく、直接雇用のパティシエだったので公衆衛生学や法律の事など全く知らなかった事を勉強しなくてはいけないのが大変でした

    ▼取ってよかったですか?
    はい。パティシエとして働いた後に、専門学校の講師をしたのですが、資格があるだけで、説得力に差がでたので取得してよかったと思っています

    女性/31歳/未婚合格者クチコミでわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    通信制の高校に通っていたのですがスクーリングが月に4回程度で短大の栄養学科への進学を考えていた為、忙しくなる前に食に関する資格を取りたかったからです。お菓子作りが好きだったのも理由の一つです。

    ▼大変だったことは?
    専門学校の通信制に一年通った後試験を受けて取得するのですが、製菓だけではなく衛生学や栄養学、食品学等分野が広いので大変でした。テキストや過去問を繰り返し解いて暗記しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。祖父が製菓店を営んでいるので手伝いができたことと、友達の誕生日や差し入れに食べてもらうお菓子を作った時に喜んでもらえるぐらいの物を作れるようになったので良かったです。

  2. 日本語教育能力検定試験

    合格者クチコミでわかる【資格VOICE】
    4.00  
     4 件のクチコミ
    女性/45歳/既婚合格者クチコミでわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    私自身、外国語を勉強するのが好きで、また自分も日本語を外国人に教えたいと思い、資格を取りました。日本語教師は年齢に関係なく、経験さえ積めば60歳を過ぎても続けていけるというのも魅力的でした。

    ▼大変だったことは?
    通信教育を受けるのにお金が結構かかりました。また、内容が幅広く難しいので、資格取得までに2年かかりました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。本業は別に持っていますが、この資格のお陰で、副業として外国人に日本語を教えています。本業以外でお金を稼ぐことができて満足しています。仕事としてもやりがいがあり、満足しています。

    女性/41歳/既婚合格者クチコミでわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    素のままの自分が売りになる日本人教師として、世界に誇れる国日本を身近に感じてもらうために、海外で教壇に立ちたいと思ったからです。

    ▼大変だったことは?
    大学で日本語学科を専攻して基本的な知識は身につけていましたが、試験対策としての勉強は働きながらやったため、夢を叶えるためと自分を奮い立たせて両立を目指しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。望んだとおりの夢を叶えることができたからです。実際には、大学の主専攻だけで求人の応募条件はクリアできることが多いですが、資格があることはリードになるので、とってよかったと思います。

    女性/36歳/既婚合格者クチコミでわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    現在すでに日本語学校での仕事に就いているが、やはり教える手前、資格はあった方がいいと思ったからです。

    ▼大変だったことは?
    だいたいの受験者はスクールに通ったり通信講座を受講するなどして、長期的に学習していきます。自分の場合は通学という選択肢は初めから考えていなかったので、完全独学ということになり、問題の解答解説も自身で調べなければならなかったので、効率はあまり良くなかったと思います。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。実際には、無くても実務に影響はないけれど、資格があるだけで担当の幅も広がるし、任せられることも以前より増えました。

    女性/28歳/未婚合格者クチコミでわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    小学校から大学まで英語を勉強し海外留学もした経験から、人はどのように母語以外を学ぶのがより効果的なのか興味がわきました。そこで、外国人は日本語学習のどの場面でつまずきやすいのかを知るため、また、それらを克服するために有効な手段を学ぶためにこの資格を取得しようと思いました。

    ▼大変だったことは?
    受験を思い立った日から受験日までほとんど時間がなかったため、独学で学習に取り組まなければなりませんでした。共に頑張る仲間がいなかったこと、疑問点があっても全て自分一人で解決しなければならなかったことがとても大変でした。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。自分自身の母国語である日本語に改めて目を向けることで、今まで疑問にすら思っていなかった日本語・日本人独特の文法や表現方法を深く掘り下げ、見つめ直す良い機会になったので、タイトなスケジュールでの受験ではありましたが取得して正解だったと感じております。

  3. フォークリフト運転技能講習

    合格者クチコミでわかる【資格VOICE】
    4.00  
     1 件のクチコミ
    男性/35歳/未婚合格者クチコミでわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    郵便局で勤めていた際、大量の冊子などを纏めた荷物をフォークリフトで運ぶ必要があったため、こういった作業に関わりたいがために取得しました。

    ▼大変だったことは?
    数日間の講習を受けてから最終日に試験、という形だったのですが、毎週末、休みの日を使って講習を受けていたのが大変だったのと、開始時間が早い上、わずかな遅刻も一切許されない為に早朝から起きなくてはならないのが大変でした。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。資格を取得したことでフォークリフト操作の仕事を任されるようになり、その関係で新しい仕事を覚えることができました。フォークリフト関係の資格は倉庫業などで役立つため、今後も役に立つことがあると思います。

  4. アロマテラピーアドバイザー

    合格者クチコミでわかる【資格VOICE】
    4.00  
     1 件のクチコミ
    女性/33歳/未婚合格者クチコミでわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    香りや自然が好きなので自分にうってつけの資格だと感じたことと、将来的に自然の香りを使った商品のプロデュースをしたいと思ったからです。

    ▼大変だったことは?
    当時は学生だったのでお金がなく独学で勉強しました。アドバイザーの資格を取るにはアロマテラピー検定1級を持っていることが条件なので、2段階のプロセスがあるのも大変でした。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。生活の中にアロマテラピーを取り込むことにより、心身が豊かになりました。また、アロマブレンドデザイナーという私がまさに求めていた資格が新しく加わったので新たな目標になり、今までよりもさらに気持ちが前向きになりました。

  5. MOS Word 2010 エキスパート

    合格者クチコミでわかる【資格VOICE】
    4.00  
     1 件のクチコミ
    女性/32歳/未婚合格者クチコミでわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    今まで接客業をしていたのですが、事務の仕事に移行したくて、グローバルに使える資格と聞いたため勉強をはじめました。より深い知識を得るために、更に上のエキスパートレベルも取得したいと思ったのです。

    ▼大変だったことは?
    索引や脚注、引用文献の挿入など、全く触れたことのない機能は覚えることがなかなか大変だったのを覚えています。やはり何度も復習を重ねてより理解を深めていきました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。簡単な文章作成だけでなく、資料作成技術を身につけることで、より事務の仕事をやっていきたいと言う気持ちが強くなりました。

  6. 気象予報士

    合格者クチコミでわかる【資格VOICE】
    4.00  
     2 件のクチコミ
    男性/73歳/既婚合格者クチコミでわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    気象庁の現役の予報官時代に気象予報士制度が導入されました。興味がある制度で自分の実力を試したくて挑戦しました。

    ▼大変だったことは?
    当時の気象予報士の試験は気象学の基礎的知識と各種天気図や衛星画像などを見て、実際に天気予報や防災事項を予測する技術力に分かれていました。どれも基礎は出来ていたので大変なことはありませんでした。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。気象の講演会等に行った場合気象予報士の○○さんと紹介されると、講演を聞いてくれる方々の顔つきが変わり、真剣になってくれたことは良かったと思います。

    男性/36歳/既婚合格者クチコミでわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    元々、気象学に興味を持っていたので取ろうと思いました。大学在籍中に興味本意で勉強を始めたのがきっかけです。

    ▼大変だったことは?
    学習範囲が広いことと、物理学の知識の他に観測画像や観測データの解析能力が必要になり、その教材が少ないため、勉強法の構築が大変でした。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。現在の会社の実務には関係していませんが、気象庁提供のデータを元に、自分なりに天気を解析できたりできるのが面白いです。また、話のネタにもなるので、仕事や交流の場で個性を高めることにも繋がっています。