統計検定2級

統計質保証推進協会

合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
4.00  
 1 件のクチコミ
男性/43歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
会社の業務改善をするとき、参考にした書籍が統計知識を前提として書かれていたため、内容を理解するには基本的な統計学が必要だった。資格試験の勉強をしたほうが効率よく知識が身につくと思い勉強し、データマイニングやビッグデータも流行っているので、ついでに資格も取った。

▼大変だったことは?
統計検定試験の過去問題はあったが、そもそも、統計学の知識が全くなかったので、どのような順番で勉強すればよいかわからなかった。ものすごく簡単に書いてある本と難しい内容の中間の本があまりなく、内容を理解するのに苦労した。

▼取ってよかったですか?
はい。会社の資料やビジネス書など、データに関する部分を読むとき、今までは平均値しか気にしていなかったが、違う側面でデータを見たり、データの正しさを気にして読むようになった。

関連する資格

  1. アロマテラピー検定2級

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.33  
     3 件のクチコミ
    女性/30歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    今までフラワーデザイナーや礼儀作法の資格などを取得。子供を保育園に預けたきっかけに自己投資をしたくなり、取得した資格をいかしつつ知見を広げたいと思ったから。またアロマセラピーについては以前から勉強したいと思ったので。

    ▼大変だったことは?
    育児と家事、仕事の合間に時間を作ることが難しかった。が、スマホで試験もできるコンテンツだったので非常に簡単に受験ができた。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。スマホやパソコンで勉強ができるコンテンツで、さらに試験もスマホ。あまりにも簡単なので、大丈夫かな?と不安になったけど、教材も試験内容も充実していたので。合格後のアフターフォローもしてくれるとてもいいコンテンツだったのでまた資格を取りたいと思ったら利用したい。

    女性/32歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    もともと香りが好きで、趣味程度で知識を身につけたいなと思ったからです。当時仕事も忙しく、癒しを求めていたこともきっかけのひとつです。

    ▼大変だったことは?
    特別大変と感じることはありませんでしたが、香りの知識だけでなくアロマの歴史やアロマにまつわるあらゆる知識も覚える必要があったので予想以上に勉強が必要でした。乗り越え方は気合いで勉強するくらいだと思います。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。2級だと専門的な仕事をできるほどではありませんが、日常生活に活かせる知識が多かったと思います。どういう時はこの香りがいいなど、しっかり知識を活かせる場面が多いので助かっています。

    女性/34歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    自分の趣味の延長上で取得できる資格はないかと探していたところ、アロマテラピー検定の広告を偶然見かけ、資格取得に向けて勉強を始めることにしました。

    ▼大変だったことは?
    独学で勉強していたので、時間の管理が難しかったように感じます。試験日までのスケジュールを書き起こして、できる限り毎日のタスクをクリアできるように心掛けました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。資格と言える程の専門的な検定ではありませんが、何も持っていないより、自分に自信がついた気がします。これからも、新しいことに挑戦して、スキルとしての資格を増やしていこうという意欲にも繋がりました。

  2. 工業英検3級

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.00  
     1 件のクチコミ
    女性/40歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    翻訳の専門性を広げたくなり、電機メーカーや飛行機製造メーカーでの技術翻訳の経験もあったため知識を深めるために受験しました。

    ▼大変だったことは?
    実は工業英検2級とのダブル受験で、メインの目標は2級合格でした。3級の問題は選択式で専門の単語集を読み工業に特化した特殊な単語を暗記するのがやや大変でしたが難易度は低いです。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。工業英検2級を目指しているので3級レベルの単語力習得は必須です。また、技術翻訳案件応募時に分野に対して一定の興味と意欲、知識があることの証明にもなります。

  3. 日本語教育能力検定試験

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.00  
     5 件のクチコミ
    女性/45歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    私自身、外国語を勉強するのが好きで、また自分も日本語を外国人に教えたいと思い、資格を取りました。日本語教師は年齢に関係なく、経験さえ積めば60歳を過ぎても続けていけるというのも魅力的でした。

    ▼大変だったことは?
    通信教育を受けるのにお金が結構かかりました。また、内容が幅広く難しいので、資格取得までに2年かかりました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。本業は別に持っていますが、この資格のお陰で、副業として外国人に日本語を教えています。本業以外でお金を稼ぐことができて満足しています。仕事としてもやりがいがあり、満足しています。

    女性/41歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    素のままの自分が売りになる日本人教師として、世界に誇れる国日本を身近に感じてもらうために、海外で教壇に立ちたいと思ったからです。

    ▼大変だったことは?
    大学で日本語学科を専攻して基本的な知識は身につけていましたが、試験対策としての勉強は働きながらやったため、夢を叶えるためと自分を奮い立たせて両立を目指しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。望んだとおりの夢を叶えることができたからです。実際には、大学の主専攻だけで求人の応募条件はクリアできることが多いですが、資格があることはリードになるので、とってよかったと思います。

    女性/36歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    現在すでに日本語学校での仕事に就いているが、やはり教える手前、資格はあった方がいいと思ったからです。

    ▼大変だったことは?
    だいたいの受験者はスクールに通ったり通信講座を受講するなどして、長期的に学習していきます。自分の場合は通学という選択肢は初めから考えていなかったので、完全独学ということになり、問題の解答解説も自身で調べなければならなかったので、効率はあまり良くなかったと思います。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。実際には、無くても実務に影響はないけれど、資格があるだけで担当の幅も広がるし、任せられることも以前より増えました。

    女性/28歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    小学校から大学まで英語を勉強し海外留学もした経験から、人はどのように母語以外を学ぶのがより効果的なのか興味がわきました。そこで、外国人は日本語学習のどの場面でつまずきやすいのかを知るため、また、それらを克服するために有効な手段を学ぶためにこの資格を取得しようと思いました。

    ▼大変だったことは?
    受験を思い立った日から受験日までほとんど時間がなかったため、独学で学習に取り組まなければなりませんでした。共に頑張る仲間がいなかったこと、疑問点があっても全て自分一人で解決しなければならなかったことがとても大変でした。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。自分自身の母国語である日本語に改めて目を向けることで、今まで疑問にすら思っていなかった日本語・日本人独特の文法や表現方法を深く掘り下げ、見つめ直す良い機会になったので、タイトなスケジュールでの受験ではありましたが取得して正解だったと感じております。

    女性/29歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    日本語教師をしていた時、校内でも信頼を置かれている先生が皆さん検定に合格していたので、見習って検定に挑戦してみようという気持ちになりました。

    ▼大変だったことは?
    日本語を話せるから合格できるわけではなく、専門の知識が求められるため事前の勉強が必要でした。試験範囲も、日本語文法について~言語学や教育心理学、世界の言語分布といった内容まで幅広いため、限られた時間内でバランスよく勉強するのは大変でした。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。現在、正式な日本語教育機関で働く場合は大卒もしくは検定合格という条件があります。今後制度がどう変わるかはわかりませんが、形として知識を証明できるものができたことは良かったと思います。また、将来的に日本に来る外国人は増えることが予想されるので、長く持てる資格をとっておいて損はないと思います。

  4. ピアノ演奏グレード3級

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    3.50  
     2 件のクチコミ
    女性/56歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    ピアノを習ってきて、何かしらの形に残してみたいと思い、ヤマハのピアノグレードと指導グレード3級を受けて見ようと思いました。

    ▼大変だったことは?
    ヤマハピアノグレードは、演奏だけでなく、初見演奏、即興演奏、作曲とあるため、総合的な音楽力を試される試験です。日頃から、ただピアノを弾くだけでなく、いろいろな音楽を聴いて楽譜に書いたり、自分でアレンジしたり、楽しみながら取り組みました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。ヤマハ音楽教室の講師の資格を取ることができ、ピアノを教える仕事の他に歌曲の伴奏の仕事もできるようになりました。

    女性/56歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    3才からピアノを習ってきたが、音大には進学しなかったため、ピアノが弾けるという証明になるように、ヤマハ音楽グレードを受験しようと思った。

    ▼大変だったことは?
    特に大変だと思うことはなかったが、ピアノの曲を弾くだけではなく、初見演奏や、与えられた課題から即興演奏をしたり、自作曲を演奏するなど、幅広い音楽力を必要とする試験だと思う。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。音大ピアノ科を卒業した人でも、なかなか受からない試験のため、3級グレードを持っていると、驚かれることが多い。また、音楽教室の講師の資格も得られ、仕事に結びついた。

  5. ドットコムマスターアドバンス

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    3.00  
     1 件のクチコミ
    男性/43歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    情報処理技術者を専攻しながらもITの作業から遠ざかり、資格取得の空白期間が長期に渡っていた。第二種情報処理取得移行、高度情報処理取得の段階までの、学習の気力が維持出来ない状況になり、手頃な資格を模索。ある程度の難易度が見込まれる資格として目星をつけた。

    ▼大変だったことは?
    本業で習得する必要があることが無数にある中、状況的に情報処理に費やせる学習時間が足りず、資格学習に時間を費やす事自体が、周囲からも無駄として評価された。周囲を納得させるために、個人的な学習だけでなく、目に見える明確な指標の必要性を時、資格学習に当てれる時間を確保した。

    ▼取ってよかったですか?
    いいえ。知名度や難易度が中途半端で、行き詰まっていた状況で手が届く資格取得としての選定であった為、リサーチ自体が間違っていたとの反省を得られた。例えより高度な資格に本格的に挑戦して失敗したとしても、中途半端な挑戦を繰り返すより本当の意味での前進につながったのだと思う。転職活動時にも特に留意された記憶はなく、評価は周囲や職場からも得られず、実際にPG習得に費やしたほうがより有効であったであろう。

  6. 弥生会計プロフェッショナル インストラクター

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    3.00  
     1 件のクチコミ
    女性/39歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    職業訓練校で勧められたので。会計事務の実務経験はなかったが、就職に役立つ、アピールできると勧められたので。

    ▼大変だったことは?
    会計実務にかなり近い授業を受けたが、実務経験がないのでピンとこない部分も多かった。講師に質問しながら、理解することができた。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。実務未経験だったが、「弥生会計を使える人」と募集要項に記載のある会計事務の募集に応募し、雇ってもらうことができたから。

#日本資格大賞

#私を変えた資格

公式Twitter

色々な資格の先輩合格者のクチコミをつぶやいています。 フォローはこちら↓