手話技能検定試験5級

手話技能検定協会

合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
4.00  
 1 件のクチコミ
女性/32歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
医療や福祉に興味があり、将来手話も就職活動に役立つかもしれないと思い勉強の一環として資格を取ろうと思いました。

▼大変だったことは?
多くの種類を覚えるのに、時間がかかるのと、実際にビデオなどをみて真似ないと覚えられないのが大変でした。友人が一緒に受講していたので、乗り越えることができました。

▼取ってよかったですか?
はい。実際にどのような仕組みでこの表現になったのかを学べることが出来て楽しかった。実際に自分がその表現をできた時と、見て理解できた時は、とてもうれしかったです。

関連する資格

  1. 国内旅行業務取扱管理者

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.18  
     11 件のクチコミ
    男性/44歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    旅行業界就職の際に有用な国家資格であり、各営業所旅行代理店に旅行業務取扱主任者を1名選任しなければならないから。

    ▼大変だったことは?
    試験項目が4つあります。法令・約款・JRの運賃料金・国内実務です。4項目の中でもJRの運賃料金の問題を解決するのが難関でした。JRの運賃料金の問題に比重を置いて勉学に努めました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。旅行業界に就職はできなかったものの、旅行会社も経営している運送会社の大手に就職することができました。

    男性/34歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    旅行好きが転じて、興味をもちましました。何か資格があった方が、就職に有利かと思い勉強をしようと思いました。

    ▼大変だったことは?
    試験問題で、ややこしい引っ掛けが多く、文章の捉え方で答えが変わりそうな問題などがありました。試験範囲が広いので、ある程度ヤマを張る必要もありました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。旅行業法の中身や、旅行業を営む場合に必要な知識などを得ることが出来ました。観光名所にも詳しくなれるので、旅行好きには良い資格です。

    女性/25歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    専門学生時代に、航空業界・旅行業界への就職を希望しており、実際に先輩方で希望の会社に就職していた人は皆持っていたためです。

    ▼大変だったことは?
    受験を決めてから、実際の試験日までの間の日数が4ヶ月しかなく勉強が追いつかなかったです。過去問を何回も解き、苦手分野を明確にして学習しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。希望する会社から内定を頂くことができました。また、転職をした際にも資格があるということで考慮して頂くことがありました。

    女性/20歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    現在観光業の仕事に携わっておりますが、いずれは独立したいと思っています。その独立の手助けをしてくれると思ったからです。

    ▼大変だったことは?
    膨大な情報を暗記しなければいけないことが大変でした。また出題される問題が、ひっかけ問題のような内容で、うっかりミスが多かったです。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。現在独立に向けて動き出しています。こうして動き出せたのも、その資格を取れたからだと思います。死ぬ気で勉強して、合格してよかったです。

    女性/27歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    ツアーコンダクターの仕事をはじめるに当たり、業務上必ず必要であった為。当時は資格が必要だということを知らず、会社で取得。

    ▼大変だったことは?
    観光地の情報を覚えることは、業務に直結することなのでそれほど苦ではなかったが、約款に関してはただただ暗記。具体例を交えながら講師の方が説明してくださったので、なんとか理解できた。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。添乗業務を開始することができたため。拘束時間は物凄く長いですが、自分では足を運ばない様な場所へたくさん行けたので。

  2. 機械検査技能士

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    3.50  
     2 件のクチコミ
    男性/44歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    当時、勤務していた会社の自己啓発活動がきっかけです。機械加工の仕事をしていたので実務に直結すると思いました。

    ▼大変だったことは?
    普段、業務では使わない計測器を使用する試験項目が有った為、慣れるのに時間が掛かりました。また、幅広い分野の知識も必要とされるため、参考書を読んで勉強しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。その資格自体は、業務には直接役にたっているという実感は無かったですが、資格取得の為に勉強したことが視野を広げることになり結果的に良かったです。

    男性/54歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    業務の都合上資格を有していた方がよく又、自分でも自分の能力と技術を試してみたくチャレンジしましたったから

    ▼大変だったことは?
    試験は実技と筆記試験があり筆記試験は勉強をすればなんとかなるレベルですが実技は実際に測定器を使用して測定し又その測定値も合っていなければならので練習が必要でした

    ▼取ってよかったですか?
    はい。自分に自信がつきました。いつみ職務で行っていることを評価されたように気がしてとても満足しています。そのとにの勉強した事がいまでも役にたっています

  3. 第一種情報処理技術者

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    3.67  
     3 件のクチコミ
    男性/43歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    専門学校に通っている時に取得したのですが、コンピュータに関する知識を深めていきたいと考えたからです。

    ▼大変だったことは?
    合格率が低く、試験問題も難しかったので合格ラインの点数を取るのが大変でしたが、模擬試験を何度もすることで傾向をつかんで乗り越えることができました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。当時、ちょうどIT化を進めようとしていた企業の目にとまって、希望の職種と待遇で就職することができたからです。

    男性/58歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    会社から、入社した人は全員(一種または二種)を取得するように指導されました。なお、会社の方針として、当時は推奨レベルでしたが、現在はより厳しく取得必須になっています。

    ▼大変だったことは?
    大学時代に勉強していたことで、殆ど解答出来る内容でしたので、殆ど勉強はしませんでした。強いて言えば、過去問題集を購入(当時は紙の本しかなかった)して、これなら改めて勉強しなくても大丈夫と思った程度です。

    ▼取ってよかったですか?
    いいえ。当時は資格を持っていることで給与が上がる制度もありませでした(現在は制度あり)。また、IT関係は変化が激しいので、取得した際に持っていた知識は10年後には無意味になっていました。

    男性/58歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    昔務めていたソフトウエア開発会社で、この資格を取るよう社内で推進されていて、資格を取るために費用は全て会社持ちでした。

    ▼大変だったことは?
    何せ月100時間残業が当たり前の世界ですから、その間をぬって勉強するのは大変でしたね。いくらプロとは言え、実際に現場で必要としている知識と第1種情報処理試験で必要とされる知識は違いましたから。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。その会社では情報処理の資格を取ると、資格手当というものが毎月の給料に加算するようになっていて、金銭面的にも助かりましたし、その後の転職の際に履歴書にそれを書けるというのも、転職を考える上では有利だったと思います。その後この資格は名前が変わり資格試験自体も大きく変わったようですが、今の時代にあっても、ソフトウエア開発の技術者は引く手あまたですし、持っていて損はないと思います。

  4. 潜水士

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.00  
     2 件のクチコミ
    女性/21歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    水族館の飼育員に憧れて、潜水士の資格を持っていると優遇されると思ったからです。また、試験は筆記のみなので取りやすいと思ったからです。

    ▼大変だったことは?
    聞いたことのない言葉や専門用語があったり、化学を使った計算問題があったりしたので、ネットで言葉を調べたり、化学の基礎を勉強し直したりしました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。水族館の飼育員だけでなく、土木関係の仕事や、ダイビングの先生など、多くの仕事に役に立つ資格だと思います。

    女性/30歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    沖縄でダイビングの仕事をするにあたって必ず必要だったのと、レジャーダイビングをやめたとしても役が立つ時がくると思い取得しました。

    ▼大変だったことは?
    沖縄ではなく関西で取得したので、潜水士免許がそこまでメジャーではなく、大きな本屋に行っても参考書が置いていなかったのでネットで購入しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。国家資格ということもあり、接客をしていても潜水士免許を持っているだけでゲストの方から安心していただけているのを感じます。

  5. 海事代理士

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    1.00  
     1 件のクチコミ
    男性/48歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    別の法律系の資格試験の勉強をしているとき、たまたま存在を知り、そのマイナーさから興味を覚えてチャレンジしました。出題領域や分野が半分くらい被っていましたので、それまでの知識が役立ったこともあります。

    ▼大変だったことは?
    専門性が強く、解説書や入門書、参考書がほとんどなく、当然講座や講習も存在しませんでしたので、資料や過去問の入手に大変苦労しました。当時、参考本といわれている入門書をたよりに、専門書を求めて図書館を行脚しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。特に仕事に生かせているわけではないのですが、いろんな場面で興味を持ってもらえること多いようです。ただ、全国に開業されてる方は本当に少ないため、この資格で生活するのは難しいそうです。

  6. 工業英検2級

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.00  
     1 件のクチコミ
    女性/40歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    ある程度の工業(理系)英語の知識やテクニカルライティングの知識があると証明できる資格だったためです。言い換えれば、理系知識なしには難易度のある資格だからです。

    ▼大変だったことは?
    試験対策の本に限りがあるので、自分に合った問題集を買うことができなかったです。2級の場合は、英語の論文や取説も英語で読める前提のため、英語圏の会社が発行している取説や仕様書を読み込みました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。今の時代、英語ができるというのは大きな強みにはなり難いです。英語で何ができるかが問われる時代になってきていると思います。そのため、英語+理系知識があると証明できる資格は、英語だけではなく、他の勉強もがんばろうというモチベーションになります。また、仕事の面でもTOEICのスコアではなく工業英検の方を優遇して下さる企業さん(特に製造系メーカー)もいるので、持っていてよかったと思います。

#日本資格大賞

#私を変えた資格

公式Twitter

色々な資格の先輩合格者のクチコミをつぶやいています。 フォローはこちら↓