食品衛生管理者

厚生労働省

合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
4.00  
 1 件のクチコミ
女性/40歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

▼きっかけは?
友達が喫茶店を開きたいのでこの資格を取ると言い、私も将来何かの役にたつかもと思い一緒に取ることにしました。私自身にきっかけがあったわけではありませんが、資格を取ったことで、将来キッチンカーでの営業をしてみたいと思うようになりました。

▼大変だったことは?
講座を受ければ取れるので、資格を取るのに難しいことはありませんでした。講座の中で食中毒の内容などを習うので、実際に営業するとなったときに、またテキストを見直したいと思っています。

▼取ってよかったですか?
はい。もともとこの資格が欲しかったわけではありませんでしたが、私の場合は、資格を取ることでこの資格を活かした仕事に興味を持つようになったので、資格取得が良いきっかけになりました。

関連する資格

  1. 管理栄養士

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.18  
     11 件のクチコミ
    女性/31歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    きっかけは、給料の安さ。栄養士として働いていましたが、給料が安く資格給を上げるために資格を取ろうと思いました。また、国家資格なので、スキルアップとして今後一生役に立つと思い取得しました。

    ▼大変だったことは?
    働きながら国家資格の勉強をしたので、勉強時間の確保・仕事の疲れの中の勉強で大変でした。乗り越え方としては、合格後の自分を常に想像していました。勉強の効率化・仕事を早く終わらせ時間の確保をし、さらに周りの協力を得て乗り越えました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。資格取得後、給料が上がったため、頑張って受験して良かったと思います。また、社会人合格率が低い資格の為、社内の人事評価も上がり出世に近づきました。

    女性/40歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    知り合いが入院した時に、お見舞いに行きました。そこで、患者が持ち込みの醤油などの調味料をかけているのを見ました。せっかく栄養価計算されている食事なのに、もったいないと思いました。患者が自ら、味をつけなおさなくても、美味しく食べられる食事が提供できないかと思ったからです。

    ▼大変だったことは?
    学校を卒業しただけでは、栄養士しか取れません。その後、国家試験を受けて、合格すれば管理栄養士になれます。私が受験した時代は、合格率が20%以下だったので、猛勉強しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。病院栄養士にはならなかったのですが、食べ物に関する知識が付きました。普段何気なく食べているものや、日常の生活に役立てることができます。

    女性/28歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    短大卒で、栄養士の資格は取得していました。栄養士として働くなかで、もっと幅広く仕事がしたいと考え、管理栄養士の資格も取得しました。

    ▼大変だったことは?
    栄養士の仕事をしながら、スクールに通いながら管理栄養士の資格を猛勉強しました。仕事しながらというのが、本当に大変でした。ですが、同じ境遇の方たちがスクールには大勢のみえたので、その方達と励ましあって、分からないところは教えあって、頑張れました。多分、一人で勉強していたら、取得出来なかったかもしれないです。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。今、管理栄養士として実際に働いています。栄養士の頃と比べると、人との交流も広がり、やりがいを感じて仕事ができています。なので、この資格を取って良かったと感じています。

    女性/25歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    小さい頃から食や料理について考えることが大好きで、ヘルパーをしていた母から資格取得を勧められたからです。

    ▼大変だったことは?
    大学の4年制に行って数々の模試や実習を乗り越えなければいけないのが大変でした。とにかく友達と一緒にがんばりました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。いくらでも求人があるからです。管理栄養士の勉強をしてから栄養の知識がたくさんついて信頼も上がったので良かったです。

    女性/25歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    食べる事が大好きで食の勉強をしたいと思ったからです。食だ多くの人を健康に幸せにしたいという思いがあります。

    ▼大変だったことは?
    大学の課題が多くこなすことが大変でした。国家試験は合格率が低く、毎日12時間ほど勉強していたのが大変でした。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。社会に出てからいくらでも求人があります。食の知識が身についたことで家族の健康も守れているし大満足です。

  2. はり師

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    2.50  
     2 件のクチコミ
    女性/36歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    手に職をつけて働きたいと思ったからです。ゆくゆくは独立して自分のお店を構えたくて、思い切って専門学校で資格取得を目指しました。

    ▼大変だったことは?
    働きながら3年間勉強するのは体力的にも精神的にも、そして経済的にも大変でした。同じように頑張る仲間がいたので、励まし合いながら、ときにグチをこぼしながら頑張りました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。考えていたよりも就職は厳しく、独立はおろか生活していくだけのお給料を得るのは厳しかったため、結局別の仕事に就きました。今すぐではなくとも、自分の店を構えるという目標ができたので長い目で見ると資格は取ってよかったと思っています。

    女性/38歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    漢方薬の勉強をしていて読んだ本の中に鍼に関する記述が出てくるのを見て学校に申し込みました。大学時代の漢方の講義をしてくれた先生も持っていこともきっかけの1つです。

    ▼大変だったことは?
    仕事との両立は体力的時間的に大変でした。あと、学費が450万したのが大変でした。薬剤師免許を持っていたため仕事上時給が他の人より高かったから払えましたが生活と合わせて汲々としました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。薬学部で習わない診断学を学べたのは良かったと思います。現在は研修機関が増えつつありますが、卒業後の就職先は限られ、労働単価は高くないので借金をして取得した人は後が続かなくなったりしています。

  3. 中小企業診断士

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.00  
     1 件のクチコミ
    男性/27歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    私は現在公認会計士の資格取得のために勉強しています。中小企業診断士の試験科目は公認会計士の勉強内容と重複している部分が多いため、勉強を開始しました。

    ▼大変だったことは?
    一次試験の試験科目が7科目あり、非常に試験範囲が広く体系的な知識が必要となりました。独学での取得でしたが、市販の教材が充実しており、市販の教材のみでの合格が可能で下。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。幅広い知識の勉強をすることができました。また、合格後の実務補修では、プロのコンサルタントから直接指導をもらいながら実践経験を積めたことは非常に貴重な経験になりました。

  4. 中学校教諭二種

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    2.00  
     1 件のクチコミ
    女性/50歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    親に言われて、将来役にたつのかなと思い短大のときに免許を一応取りました。一緒にいた短大の友達は誰も取っていなかったので孤独に勉強しました。

    ▼大変だったことは?
    短大なので元々勉強期間が短いのに教職免許のカリキュラムまで取ってしまい、短大2年間勉強ばかりしていました。それが大変でした。

    ▼取ってよかったですか?
    いいえ。社会に出て、全く必要な機会がなくて、就職にも役立ちませんでした。もっと実務的な資格を取れば良かったと思っています。

  5. 行政書士

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    3.54  
     13 件のクチコミ
    男性/48歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    妻が調子が悪くなり家から長距離の通勤ができなくなった。会社を辞めて家の近くまたは独立して仕事ができるようにならなければいけないと思った。

    ▼大変だったことは?
    覚える分野がいろいろ広いこと。日頃なじみのない法律的な知識がいること。ひたすら過去問などを勉強した。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。やはり国家資格なので一度とれば永久に使える。万が一会社を辞める時のことを考えたら士業という独占業務の資格があるのはこころ強い。

    女性/36歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    自分の力で仕事がしたかったからです。行政書士であれば、自分で開業して仕事ができるし、自分のペースで仕事ができると思ったからです。

    ▼大変だったことは?
    仕事をしながら勉強することが大変でした。幸い、定時で終わる仕事だったのと、夫がとてつもなく協力的で家事を担ってくれて、模試の点数が悪くて落ち込んだ時も励ましてくれたので、乗り越えることができました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。正直、行政書士になってからも多大な努力が必要で、これから行政書士として食べていけるか未知数なので、手放しに良かった!とも言えない状況なのですが、資格取得については良かったと思います。選択肢が増えるに越したことはないです。勉強して資格を手に入れたことで、自信もつきました。

    男性/35歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    副業として小額で自宅開業できるような資格を探していたおり、複数の資格の参考書を試した結果、一番しっくりきたので決めました。

    ▼大変だったことは?
    踏み込んだ法律知識はあまり要求されませんが、とにかく試験範囲が広かったことに少し苦戦しました。過去問を繰り返して、よく問われている内容に絞って勉強しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。まだ開業はしていないので本来のメリットは享受していませんが、日常生活や役所への書類の提出の際に役にたっております。

    女性/49歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    私は法律事務所の事務員でしたが、事務所で大規模な人員削減が行われることになり、首になった場合、資格でもあれば、少しは転職に有利になるのではないかと思い、取得を決心しました。

    ▼大変だったことは?
    勉強時間の確保に苦労しました。人員削減の候補だったので、有給休暇を取りやすかったので、定期的に有給休暇をとって勉強しました。また、法律事務所なので、法律の本を開いていても違和感がなく、就業時間中でも、気になったことをチェックすることができました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。結局、私は首になることはありませんでしたが、資格を取ったことで、大きな自信を持つことができました。私は契約社員なのですが、正社員の人に堂々と物を言えるようになりました。また、自分の仕事と、資格をとるために勉強した内容がリンクするので、仕事が楽しくなりました。

    男性/36歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    私が勤めていた、会社には、500時間も労働時間があり、残業代は1円も支払われなかったのでおかしいと思い法律の勉強を始めたのがきっかけです。

    ▼大変だったことは?
    私は法律には全くの無知であり、更に働きながら、空いた時間で勉強するしかなかったので、出向先の上司に断りを入れて勉強しました。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。行政書士の資格を取得したことで、自分の自身が出来、また、司法書士、社会保険労務士などの資格を取りたい欲が出てきたので。

  6. 保健師

    合格者のホンネがわかる【資格VOICE】
    4.33  
     3 件のクチコミ
    女性/40歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    自分の力で生計を立てられる仕事に就きたいと思っていました。看護師資格を取ったあと、結婚し子どもを産んでもその経験を生かしながら仕事がしたいと思うようになり、この資格を選びました。

    ▼大変だったことは?
    学生生活が長くなったので、親に迷惑をかけてるなぁと心苦しい気持ちもありました。周りが就職している中いつまでも学生の自分の気持ちを保ちながらいることが大変でした。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。子どもを二人産み、職場復帰しました。出産子育ての知識を多いにいかしながら、また、最新の子育ての情報もとりいれながら、今のお母さんに寄り添うことができるようがんばっています。

    女性/26歳/未婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    看護学生時代に、保健師も取得可能でした。今後、保健師は大学院へ行かなければ取れない資格になるということで、比較的取得しやすい今のうちにとっておこうと思いました。

    ▼大変だったことは?
    レポートが多く、統計学も学ばなければならないのがとても大変でした。今までの数学などとは全く違う統計学という分野を理解することがとても大変でした。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。看護師として、病院などで働くだけでなく、行政や民間でも働けるという安心感があります。看護師がだめでも、保健師として国家資格を生かして働くことができるという職業選択の幅が持てるということはとてもいいことだと思います。

    女性/41歳/既婚合格者のホンネがわかる【資格VOICE】

    ▼きっかけは?
    看護大学の履修科目に組み込まれていたので、成り行きで取ったというのが正直なところです。疾病予防の観点で仕事ができるところと、行政で働くと定時で帰ることができるところは魅力的だと思いました。

    ▼大変だったことは?
    わたしにとって苦手な、法律や条例を覚えないとならなかったところが本当に大変でした。理解しないとならない範囲が病気に留まらず、動物や感染症から母子保健まで多岐にわたるので、そこも辛かったです。

    ▼取ってよかったですか?
    はい。就職先選びに困らないし、この資格を持っているだけで、手当がついたりしたので、本当に重宝しました。夜勤のない仕事もたくさんあるし、在宅ワークも選べる点では持っていて損はない資格です。

#日本資格大賞

#私を変えた資格

公式Twitter

色々な資格の先輩合格者のクチコミをつぶやいています。 フォローはこちら↓