日商簿記2級

1

資格VOICE
3.86  
 59 件のクチコミ
by 女性/40歳/既婚資格VOICE

▼きっかけは?
その当時関わっていた仕事をする上で知識があると役立つような気がしたので勉強したついでに取ろうと思いました。

▼大変だったことは?
仕事をしながらだったので勉強時間を取るのに苦労しました。独学で勉強したので多少の知識はありましたが一から始めるのが大変でした。

▼取ってよかったですか?
はい。理解が深まり仕事でも役立てることができましたし資格の欄に記入できアピールにもなるので取って良かったと思います。

by 男性/35歳/未婚資格VOICE

▼きっかけは?
就職し、企業を知るためには、まずお金の流れを知る必要があると考えたためです。また、自分はシステム部門への新卒配属だっったのですが、会計を知ることは強みになると考えました。

▼大変だったことは?
2級の前の3級の一番最初が一番大変でした。仕訳の貸方、借方の考え方がどうしても馴染めず、両手に貸方、借方と書いて、両手を上下させながら、各勘定科目について「貸し!借り!」と声に出して馴染ませました。

▼取ってよかったですか?
はい。まず、システム部門内での人材価値が上がり、重要な案件の上流工程にアサインしてもらえるようになりました。またその後、中小企業診断士やITストラテジストなど、より上位の資格を取得する際、非常に有利に進めることができました。

by 女性/45歳/既婚資格VOICE

▼きっかけは?
経理事務につきたいと思っていたが、3級しかもっていなかった。職業訓練校で税務コースがあるのを知り、失業保険をもらいながら勉強できるのはお得だと思った。

▼大変だったことは?
私にはとても難しかった。職業訓練校の勉強や宿題はもちろん、お正月休みも毎日毎日勉強をして、なんとか合格ラインまでになりました。

▼取ってよかったですか?
はい。近くの会社に経理事務員として就職できました。就職面接を受けるのに必要な資格として、簿記2級と書いてあったので。

by 男性/33歳/既婚資格VOICE

▼きっかけは?
私がこの資格を取得しようと思ったきっかけは、社会人として働く中で企業の経営や会計の知識が必要と感じる機会が増えたからです。また、私の場合は自分の興味があった理系の分野を学生時代に勉強し、そのままその専門を活かして仕事を続けていたのですが、数年間仕事をする中で幅広い知識を持っている上司等と一緒に仕事をしていて専門分野以外の知識も増やさなければいけないと感じたからです。

▼大変だったことは?
私はある大手資格取得スクールに通学していたのですが、最寄りの校舎まで電車で片道40分くらいかけて移動する必要があったのですが、通学の時間を利用して講義の予習/復習等をしたり、読書をしたりして時間を有効活用できていたと思います。

▼取ってよかったですか?
はい。私は資格取得後に体調を崩して、その時に勤務していた会社を退職しなければいけない状況になりました。しかし、簿記の資格を持っていたことで専門外で実務経験もありませんでしたが、会計事務所に転職する事が出来ました。もし、簿記の資格を取得していなければ、会計事務所へ転職することは難しかったと思います。

by 女性/50歳/未婚資格VOICE

▼きっかけは?
商業高校に通っていたので簿記の授業がありました。全く知らないことでしたが抵抗なく簿記に入り込めました。好きな科目だったのでスムーズに2級合格できました。

▼大変だったことは?
商業簿記は順調だったのですが工業簿記には馴染めず苦手でした。何度も設問や過去問題を解いて復習しました。

▼取ってよかったですか?
はい。親の確定申告をずっと手伝っていたせいか経理、申告の仕事に興味がありました。税理士事務所に就職することができました。

by 女性/33歳/未婚資格VOICE

▼きっかけは?
3級を独学で取得したあと勉強始めたがなかなかうまくいかずそのままだったが、転職して事務職で食べていきたいと思ったため絶対取ろうと思った。

▼大変だったことは?
独学で厳しい点は職業訓練校に通うことでクリアしたが、それだけでは足りないと思ったので問題集を追加で購入し、分かるまで何度も解いた。

▼取ってよかったですか?
はい。難易度が高い資格なだけに、面接で落ちたとしても「学校に通ってまでして頑張って取った」と認めてもらえた。

by 女性/40歳/未婚資格VOICE

▼きっかけは?
事務職への就職を希望していたので、履歴書の資格欄に書くには、有利な資格だと思いました。ある程度の学力も証明されるので、事務職以外の履歴書にも使えると思いました。

▼大変だったことは?
1回目に試験を受けたときは、独学でしたが残念ながら不合格だったので、2カ月ほど専門学校に通い、合格することができました。

▼取ってよかったですか?
はい。学歴がそれほど優秀でなくても、日商簿記2級を持っていると、就職の面接の際、面接官にはある程度の学力があるのだな、という印象を与えるようです。

by 女性/27歳/未婚資格VOICE

▼きっかけは?
会社で経理の仕事を任されるようになったのですが、知らない単語があったり、何故このような処理をするのかが分からないことが多々でてきました。そこで経理の仕事に役立てるために、知識を深めようと簿記の資格に挑戦することを決めました。

▼大変だったことは?
市販のテキストを買って勉強していましたが、仕事が終わってからだと疲れてしまって中々勉強が進められなかったり、テキストの説明だけでは理解できないことがあったりして大変でした。それでもとにかくこれだけは問題を解くと決めて多くの問題を繰り返し解いて理解を深め、合格することができました。

▼取ってよかったですか?
はい。転職をする際に、仕事をしながら独学で簿記の資格を取得したことを評価していただいて今の職場に転職することができました。とてもいい職場に転職できたので満足しています。

by 女性/39歳/既婚資格VOICE

▼きっかけは?
高校の時に簿記が得意な先生がいたので、放課後教えてもらいました。部活も引退したので時間もあったので資格があれば有利なことがあるだろうと思ったのがきっかけでした。

▼大変だったことは?
簿記が必須の学校ではなかったので、放課後という時間で勉強しなければいけなかったので何かと忙しかった記憶があります。

▼取ってよかったですか?
はい。事務ん仕事に就くことができましたので、この資格があったおかげで伝票などの書き方もすんなりとわかるようになりました。

by 女性/41歳/既婚資格VOICE

▼きっかけは?
資格を取ろうと決心したとき、私は休職をしていました。復帰するつもりでいたので、職場に戻ったときに即戦力になるため取ろうと思いました。

▼大変だったことは?
独学でしたし小さな子どももいたので、自分の時間を確保するのが大変でした。だから、確保できた自分の時間は、全て勉強にあてて乗り切りました。

▼取ってよかったですか?
いいえ。復帰することなく退職したからです。また、それから今日までの日々で、簿記の資格が役に立ったことはなかったからです。

by 女性/29歳/未婚資格VOICE

▼きっかけは?
子供の頃から勉強して知識を得ることが好きでしたし、資格取得は人生とは異なり、努力した分見返りがくると思ったのがきっかけです。

▼大変だったことは?
スクールに通わず、独学で勉強したので誰にも質問できる環境ではなかったのが大変でした。ですが、ネットで検索して解決できる部分も数多くありました。

▼取ってよかったですか?
はい。会計事務員や経理職として勤務することができたからです。左記の職種では、日商簿記2級は持っていて当たり前の資格ではありますが、一方で持っていないとスタートラインに立てない資格でもあります。

by 男性/37歳/既婚資格VOICE

▼きっかけは?
この資格を取ろうと思ったきっかけは、仕事をしている中でお金の動きそのものに興味が出てきた事です。このような動きを管理する仕事とは、経理の簿記の事になりますので、簿記の勉強を始めたのです。

▼大変だったことは?
仕事をしながらの勉強なので、時間の確保が難しかったです。受験日が決められているので、逆算して大まかなスケジュールを立てました。中長期的なスケジュールですので、モチベーションの維持が大変でした。モチベーションの維持には、自分がこの資格を取得したいのは何故か。何のためにやっているのかと自問自答して、目標を確認し続けることにしました。

▼取ってよかったですか?
はい。総務課から経理課に配置転換願いが叶いまして、現在では、経理課1年目として経理業務に従事しています。やはり、自分が面白いなと思って取り組んだ事はたとえ試験に落ちたとしても、やった感があります。ちょっとだけ自分の魅力が向上したような気がします。

by 女性/31歳/既婚資格VOICE

▼きっかけは?
転職を考えるようになり、経理関係を希望した為。また、隙間時間を有効活用したいと思ったのがきっかけです。

▼大変だったことは?
貸方・借方さえも分からない状態だったので、仕組みを理解するまでは大変だったが、もともと数字を扱うのは好きだったので、だんだん数字を合わせるのが楽しくなっていきました。

▼取ってよかったですか?
はい。どの職業に転職しても一般常識として持っていても損はないと思いました。実際求人にも必要資格の欄に記載されていることが多いと思いました。

by 女性/30歳/未婚資格VOICE

▼きっかけは?
元々事務職として働いていましたが、事務以外のスキルもなく他の職種への転職を考えたときに事務に近い経理職に興味を持ち簿記検定を取ることにしました。

▼大変だったことは?
元々文系出身なのですが、簿記や会計の知識とは全く関係のない文学部でした。数字に強いわけでもないので、初めてテキストを開いた時は大きな金額を計算しなければならないことや、会計の仕組みが0からの状態なので理解するのに苦労しました。独学だったので人にも聞けないので、インターネットを使って調べたり、中々わからない日が続いても諦めずに続けました。

▼取ってよかったですか?
はい。経理職にはつけませんでしたが面接で独学で二級を持っているということが評価されました。直接仕事に関係がなくても自分で勉強をするという姿勢が買われたのだと思います。また新しい分野に挑戦して結果を出せたことで自信がつきました。

by 男性/27歳/未婚資格VOICE

▼きっかけは?
大学で簿記というものを知ったのがきっかけです。簿記検定は日常生活でも社会でも役に立つので取ろうと思いました。

▼大変だったことは?
独学だったので分からないことも、自分で何とかするしかなかった。しかしネットで調べれば、たくさん情報があるので特に困ることはなかった。

▼取ってよかったですか?
はい。この資格を取って評価されることが増えて、希望の事務職に就くこともできた。時間もそれほどかからないし、取って損することはないと思います。

by 女性/28歳/未婚資格VOICE

▼きっかけは?
以前、就職に有利になるからと3級の資格を取っており、せっかくなのでもう少し詳しい知識を身につけたいと考えたためです。

▼大変だったことは?
3級よりも専門的な問題が多く、必要になる知識も増えたため、難易度が大幅に上がっており、大変でした。焦らずにしっかり時間をかけて、わからない部分をひとつひとつ学習していけば、解ける問題も増えましたし、ちゃんと合格できました。

▼取ってよかったですか?
はい。転職の際に、選択肢の幅が広がったからです。事務職だけでなく、経理職への応募がしやすくなりました。転職エージェントの方にも、2級を取得している人は多くないので、アピールポイントになると言われました。

by 女性/55歳/未婚資格VOICE

▼きっかけは?
ずっと経理の仕事をしていましたが特に資格を持っていなかったので、資格があると自信にも繋がるかなあ、と思って受けてみました。

▼大変だったことは?
実務で必要な知識と試験に受かるために必要な知識は違うので、勉強は意外に大変でした。工業簿記はまったく必要のない職場だったので、知識もほぼゼロだった点も少し大変でした。

▼取ってよかったですか?
はい。自分はこんな仕事をしていたぞ、という証みたいなものはあってもいいかな、と思います。経理という仕事自体は、近い将来無くなるかも知れませんが。

by 男性/25歳/未婚資格VOICE

▼きっかけは?
事務系の仕事についており、数字と関わる業務の中で絶対関わりであり、必要最低限の知識だと思ったからです。

▼大変だったことは?
勉強時間の確保と反復。合格は上位いくつまでではなく、70点以上取れば誰でも合格なので、自分との戦いでした。

▼取ってよかったですか?
はい。今後、もっと難しい資格に挑戦できる第一歩になったこと。また実務の中で使える場面や知識の応用など多岐にわたって効果があります。

by 男性/51歳/既婚資格VOICE

▼きっかけは?
学生時代に商学部会計学科に所属していたので、半ば強制的に取得しなければならなかったため。将来的にも持っておけば就職の際に足しになるかなと思ったため。

▼大変だったことは?
元々、数字にはアレルギー反応があるくらい嫌いだったので、電卓をひたすら叩く勉強はできるかどうかしんぱいでした。しかしやってみれば小学生レベルの算数ができれば問題ないことがわかりました。

▼取ってよかったですか?
はい。実際に就職する際に履歴書に運転免許以外の項目を記入することができ、会社でもちょっとした経理の仕事を任されるようなこともあります。

by 女性/38歳/既婚資格VOICE

▼きっかけは?
転勤族の妻のため、どこに行ってもつぶしがききそうな資格がほしいと思っていたから。会社があれば必ず経理処理が存在するので、簿記は役に立つと思いました。

▼大変だったことは?
3級までは自力で取ることができましたが、2級は難しかったため(特に工業簿記)職業訓練校で取得しました。授業をきいて、質問もできたので理解が深まり、無事に一発合格できました。

▼取ってよかったですか?
はい。希望の経理事務の職業に就職できました。取得後、転勤が2回ありましたが、2回とも経理で就職できたので非常に役に立っています。

by 女性/36歳/既婚資格VOICE

▼きっかけは?
配属された職場が、経理部門だったため、必要に迫られて資格の取得に至りました。資格がないと、業務を正常に行えません。

▼大変だったことは?
仕事をしながら時間を作ること。まとまった時間がないと、一つの財務諸表に取りくみ、完成させることができないのが大変でした。

▼取ってよかったですか?
はい。職場で必要な資格だったので、この資格なしには業務を行うことは不可能だったと思います。仕事を理解したうえで業務を行えてよかったです。

クチコミを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

クチコミを投稿する

PAGE TOP

輝く先輩インタビュー

資格を活かしてフードユニットとして活動中。管理栄養士の宮崎奈津季さんの輝く先輩イ…

輝く先輩インタビュー

管理栄養士の資格から自分の好きを仕事に。菱沼未央さんの輝く先輩インタビュー

輝く先輩インタビュー

「食べる」と「食べない」を伝える。管理栄養士の圓尾和紀さんの輝く先輩インタビュー…

輝く先輩インタビュー

発達障害の育児を支援。小学校教諭1種免許を活かす鈴木あづみさんの輝く先輩インタビ…

輝く先輩インタビュー

1色1色の意味を深めて学んでみたい。しんぽんさんの輝く先輩インタビュー

輝く先輩インタビュー

アロマテラピーの魅力をマンガで伝える。AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー ふ…

輝く先輩インタビュー

アスリートの明日と夢を叶える!管理栄養士の佐藤樹里さんの輝く先輩インタビュー

輝く先輩インタビュー

子どもや子育てに優しい社会をつくりたい。保育士・菊地奈津美さんの輝く先輩インタビ…

輝く先輩インタビュー

「食行動改善カルテ」を考案。管理栄養士 豊永彩子さんの輝く先輩インタビュー